Sayalay's Dhamma book

長年、当ブログにおいて逐次公開しましたテーラワーダ系仏教書翻訳文は、<菩提樹文庫>にてPDF版として、正式に公開されています。<菩提樹文庫>WEBをご閲覧下さい。

『智慧の光』(3-16/17)<K氏依頼分>

一、尋(vitakka):心をして似相に投入せしめる。。………………………………………………………………………二、伺(vicāra):心をして継続的に似相に投入、専注せしめる。………………………………………………………………………三、喜(pātiママ):似相が好きである事。四、楽(sukha):似相を体験している時の楽受又は楽しさ。…………………………………………………………………    五、一境性(ekaggatāママ):似相に対して一心に専注する事。。。…………………………………………      ジャーナを修習し始めたばかりの頃、あなたはジャーナの中において、長時間安住する練習をしなければならない。。     禅支の省察に余り多くの時間を割いてはならない。熟練すれば、あなたは五つの禅支を同時に省察する事が出来る。しかしながら、ある種の禅修行者は、禅支を推測の方法で以て省察する。しかし、正確な方法は、仏陀が《アビダンマ》の中で、述べ教導した通りである。。…………………………………………      禅心は、心臓の中の“心所依処“に依存して生起する所の心路過程心である。ひとたび、“心路過程心“が生起しないならば、有分心(bhavaīgaママcitta)が生起する。ひとたび、心路過程心が生起すれば、有分心は即刻停止する。。。            ★願以此功徳、早日証得涅槃楽!    緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属     Paññādhika Sayalay (般若精舎)