Sayalay's Dhamma book

長年、当ブログにおいて逐次公開しましたテーラワーダ系仏教書翻訳文は、<菩提樹文庫>にてPDF版として、正式に公開されています。<菩提樹文庫>WEBをご閲覧下さい。

『智慧の光』(5-10/11)<K氏依頼分>

識無辺処禅(vi@ãoã@cãyatanajhãna)を修行する時、あなたは空無辺処禅心の不存在を目標に取らなければならない。同じ一つの心識刹那の中において、二個の心識が存在する事は出来ない。空無辺処禅心は、無辺虚空を縁として、それを目標に取るが、識無辺処禅心は、空無辺処禅心を縁として、それを目標に取る。空無辺処禅心が存在する時、識無辺処禅心は存在する事が出来ない。識無辺処禅心が不断に生起する時、空無辺処禅心は生起する事が出来ない。識無辺処禅の修行では、空無辺処禅心の不存在を目標に取り、心の中において、“無所有、無所有“と黙念する。この様にすれば、空無辺処禅心の不存在に対して専注する心識が生起する。この識の名前は、無所有処禅心と言う。その後、あなたは無所有処禅の五自在を修習しなければならない。。………………………………………………………………非想非非想処禅(nevasa@ãnãsa@ãyatanajhãna)を修行する時、あなたは無所有処禅心を、禅修行の目標に取らなければならない。心の本質は、一つの目標を識知している時にのみ平静になる事が出来る。故に、無所有処禅心は、無所有(空無辺処禅心の不存在)を識知している時にのみ平静になる事が出来る。この心識を、目標に取って専注し、心の中において、“この心は静寂である、この心は至上である“と黙念する。この様にすれば、無所有処禅心に専注する心識が生起する。この心識の名前は、非想非非想処禅心と言うが、これは非常に微細な心境である。その後、あなたは非想非非想処禅の五自在を修習しなければならない。。。          ★願以此功徳、早日証得涅槃楽!