Sayalay's Dhamma book

長年、当ブログにおいて逐次公開しましたテーラワーダ系仏教書翻訳文は、<菩提樹文庫>にてPDF版として、正式に公開されています。<菩提樹文庫>WEBをご閲覧下さい。

『智慧の光』(6-1/2)<K氏依頼分>

第六章:四護衛業処            個人を対象にした慈心ジーャナ……………………              今夜は、四種の護衛の業処の解説をする。即ち、慈心の修習(注31)、仏随念、不浄の修習及び死随念である。慈心を修習したいならば、先に、どの様な種類の人間が禅修行の対象として相応しいか、又はどの様な種類の人間が、禅修行の対象として相応しくないかを、知る必要がある。ただ一人の人を禅修行の対象とする時、決して異性を対象にしてはならない。故に、女性の禅修行者ならば、ただ一人の男性を慈心の修習の対象にしてはならない。同じく、男性の禅修行者も又、ただ一人の女性を慈心の修習の対象にしてはならない。もし、ただ一人の異性を対象にして修習するならば、貪欲(rãga)が生起して、禅の修行の障害になるであろう。しかしながら、慈心の遍満を修習する時、例えば、一切の有情、一切の有息者、一切の男性、一切の女性等に慈愛を散布する(sabbe sttã,sabbe pã@ã, sabbe purisā, sabbā itthiyo……ママ)のであるならば、この場合は、異性を内に含んでも問題はない。。。          これ以外に、死者も又慈心の修習の対象にしてはならない。と言うのも、これではジーャナを証得する事が出来ないが故に。慈心の修習を始めたばかりの頃、ある種の人々は、禅の修行の対象としては相応しくないものがある。即ち、一、あなたにとって、極めて親しい人。と言うのも、この場合は、感傷的(注32)になってしまうが故に。二、その人に対して、あなたは好感も悪感情も持たない時。と言うのも、この段階においては、この種の人を対象にすると修行に困難が伴う為。三、あなたが嫌っている人。と言うのも、修行の初期段階で、嫌いな人に慈心の生じせしめる事は容易ではない為。 故に、始まりの段階では、あなたは先に己自身に慈愛を散布し、その後に一人の、あなたが敬愛し、かつ、同性であり、かつ生きた人物を、慈心を修習する為の主要な対象とするのが適切である。。         ★願以此功徳、早日証得涅槃楽!