Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

2016-10-10から1日間の記事一覧

パオ・セヤドー講述「菩提資糧」(翻訳文)-207

問6-9: 北伝の仏教では、仏陀が般涅槃した後であっても、依然として神通力で以て、無数の応化身を変現して、引き続き衆生を救度しているのだ、といいます。禅師はどのように考えますか? 答6-9: 南伝では、以下のような経がある: 有る時、一人の婆羅門が仏…

パオ・セヤドー講述「菩提資糧」(翻訳文)-206

問6-8: 仏陀は「心、仏、衆生の三(+者)に差別なし」と言いました。それならば、なぜ、仏陀は一番の最初から、すべての弟子に、仏となるよう発願を促し、人々は平等である事、仏陀とかパーチェカ仏とか、阿羅漢とかの区別はないのだと、教えなかったので…

パオ・セヤドー講述「菩提資糧」(翻訳文)-205

問6-5: 至上願(abhinīhāra)を発しようとする人は、 先に、8項の条件を備えていなければなりません。 その中の2項目は、男性として生まれることです。 仏陀も、女性は仏になることはできないと 言いました。しかし、ヤソーダラは、2万億尊 の仏の面前で、…