Sayalay's Dhamma book

長年、当ブログにおいて逐次公開しましたテーラワーダ系仏教書翻訳文は、<菩提樹文庫>にてPDF版として、正式に公開されています。<菩提樹文庫>WEBをご閲覧下さい。

翻訳(中→日)《実用アビダンマ》(7-19)(私家版)

5、無貪(alobha) 特徴は、心が貪欲に欲求しない事、または目標に執着しない事。ちょうど、水滴が、蓮の葉に粘着しないが如くに。水滴は、一瞬蓮の葉の上に乗っても、即刻、葉から、すべり落ちる。まったく執着、執取する事が無い。 これが、不貪の特徴であ…

般若の独り言~やはり野に置け

今朝、えびす丸の散歩の途中、里道に <ほたる袋> が咲いていましたので、一茎摘んできました。 一茎で、12輪も花がついています(未開花の極小蕾も含む)。 野の花を、つい摘んで、精舎に持って帰ってしまうのは、やはり《所有欲》のせいですね。 高度成長…

★『教海覚舟』<教えの海悟りの舟>(19-13)(私家版)

棍棒や武器でもって、攻撃する以外に、多くの殺生の方法がある: 落とし穴を掘る、罠を仕掛ける、 毒薬、呪術、脅し、相互に戦わせる、 自殺を唆す、堕胎薬を提供する、 自殺願望者の傍に毒薬を置いて自殺を誘因する、 拳銃を自殺願望者の傍において、自殺を…

★『教海覚舟』<教えの海悟りの舟>(19-12)(私家版)

殺したいという心をもって、色々と実行したものの、動物が死亡しなかった場合、不犯。 殺したいという心をもって、動物に打撃を与えた所(すぐには死なないで)、その動物が、それが原因で、何年か後に死亡した場合、打撃を与えた時点からすでに、破戒が成立…

般若の独り言~地獄への道

西洋のことわざに <地獄への道は、善意で舗装されている> というのがあるそうです。 以下、私の反省。 私は最近鋭意、精舎の整理整頓、断捨離をしていて、その一環として、古布を1cm幅のリボン状に裂いて、裂き織のマットを作っていることは、何度かお話し…

★『教海覚舟』<教えの海悟りの舟>(19-11)(私家版)

土を掘っている等の状況の下、そこに動物がいる事を知らないでいた、また、殺すつもりはなかった時、すなわち、不犯; 動物をそこから去らせるために、驚かしたもので、動物を殺そうとは思っていないながら、しかし、その攻撃によって、誤って動物が死亡した…

★『教海覚舟』<教えの海悟りの舟>(19-10)(私家版)

以下の状況下では、不犯である: たとえ、殺したいという心が存したとしても、殺した対象が、(息をしている所の)生命ではない時、不犯である。道を歩いていて、誤って、昆虫を踏んで殺した、または(車の運転をしていて)動物を轢いてしまった時、他のもの…

★『教海覚舟』<教えの海悟りの舟>(19-9)(私家版)

以下の五か条を具足する(満たす)ならば、殺生が成立する: 1、生命である事 2、それが生命であると知っている事 3、殺すという心が存する事 4、実施する事 5、それが殺されて、(実際に)死ぬこと。 (19-10につづく) <願以此法布施功徳、早日証得涅…

★『教海覚舟』<教えの海悟りの舟>(19-8)(私家版)

如来は、サーマネラの10戒を制定した。 詳細は以下の通り: 一、殺生を離れる学処(pāṇātipātā veramaṇī) 殺生を離れる学処とは、すなわち、殺生をしない、殺生を除く、という戒条であり、己自身が、謀り事をし、生命を殺害する事、及び己自身が計画し、他…

禅病と任脈

私のブログ《Sayalay's Dhamma book》を、 iphoneで開いて、画面最下部を見ますと、 《注目記事》という項目があります。 ここに、理由はよく分かりませんが、 2020年7月4日UPの【禅病を超えて】という、 私の禅病闘病記が、いつもいつも、一番トップにきて…

★『教海覚舟』<教えの海悟りの舟>(19-7)(私家版)

非時の食事を離れる(午後に食事をしない); 歌舞、歌唱、音楽、演劇を見たり聞いたりする事から離れる; 装飾(着飾る)事、おしゃれの因となる花飾りを冠り、香水をつける、お香を塗るなどを離れる; 高くて、大きいベッドから離れる; 金銀(金銭)の授…

★『教海覚舟』<教えの海悟りの舟>(19-6)(私家版)

”比丘たちよ。 私は、サーマネラに10種類の学処を許す。 サーマネラは、これらを学ばなければならない: 殺生を離れる事; 与えられないものを取らない事から離れる(偸盗しない); 非梵行を離れる(梵行でない行為から離れる); 虚言妄語を離れる(嘘をつ…

★『教海覚舟』<教えの海悟りの舟>(19-5)(私家版)

mālāgandha-vilepana-dhāraṇa-maṇḍana- vibhūsanaṭṭhāna veramaṇi uccāsayana-mahāsayanā veramaṇī jāta-rūpa-rajata-paṭiggahaṇā veramaṇī Anujānāmi bhikkhave、 sāmaṇerānaṃ imāni dasa sikkhāpadāni、 imesu ca sāmaṇerehi sikkhitun'ti .”” (19-6につ…

★『教海覚舟』<教えの海悟りの舟>(19-4)(私家版)

surā-meraya-majja-pamādaṭṭhānā veramaṇī vikālabhojanā veramaṇī nacca-gīta-vādita-visūka-dassanā veramaṇī (つづく)

★『教海覚舟』<教えの海悟りの舟>(19-3)(私家版)

”Anujānāmi、bhikkhave、 sāmaṇerānaṃ dasa sikkhāpadāni、 tesu ca sāmaṇerehi sikkhituṃ. pāṇātipatā veramaṇī adinnādānā veramaṇī abrahmacariyā veramaṇī musāvādā veramaṇī つづく ”

★『教海覚舟』<教えの海悟りの舟>(19-2)(私家版)

《律之瓔珞疏(Vinayālaṅkāra-ṭīkā)》は以下の様に言う: ”Sukka vissaṭṭhi ādi lokavajja sikkhāpadesu ca sāmaṇerahi vattitabbaṃ” ”故意に、出精(注0)するなどの、世間的罪学処においては、サーマネラもまた、これを実行しなければならない。” これに…

般若の独り言~初めての電動草刈り機

先日、注文してあった<充電式電動草刈り機>が、宅配便で届きました。 さっそく、取説を見ながら組み立てます。 一人暮らしをして11年。 色々な器械、道具を一人で組み立てる様になって、何度も失敗しながら、最近、ようやく、少々、こつが分かってきました…

★『教海覚舟』<教えの海悟りの舟>(19-1)(私家版)

サーマネラ(注1)十戒 サーマネラの戒律は、 10戒、 10種類の滅擯事(pārājika)、 10種類の処罰事(dasa daṇḍakammavatthu)、 75の衆学法(sekkhiyā) と幾つかの義務によって構成されている。 注1=パーリ語表記は、sāmaṇera。 (19-2につづく) <願以此…

般若の独り言~慙・愧と慈・悲

本日、《実用アビダンマ》(7-18)を翻訳していまして、以下の事を思いました。 日本語で、<慙愧>(例えば慙愧に堪えない等)と一言で言われてる語彙は、本来は、<慙>と<愧>の二つに分かれる語彙で、意味もそれぞれ異なります。 同じく、仏教徒であれ…

翻訳(中→日)《実用アビダンマ》(7-18)(私家版)

故に、仏陀は「慙と愧」は世間的な護法である、と言う。この二者がなければ、世間は混乱の向かってしまう。 人類は、慙愧があるが故に、狼や犬の様に、性的な関係性の紊乱を齎す事がない。 ただ、今日の世情下、時代が変化している中において、我々出家者が…

翻訳(中→日)《実用アビダンマ》(7-17)(私家版)

仏陀は、慙と愧は、世間的な(一般的な世の中の)護法である、という。 仏陀は《増支経・行為経》の中において以下の様に言う: 「比丘たちよ。二種類の法があって、それが世間を保護している。 どの様な二種類であるか? 慙と愧である。 比丘たちよ。 もし…

翻訳(中→日)《実用アビダンマ》(7-16)(私家版)

以下のたとえ話は慙と愧の本質を同時に説明する事ができる。 一本の鉄の棒の端には、糞便が塗りつけてある。 そのもう一つの端は、火の中で燃やして、真っ赤になっている。 ある人は、糞便の部分を掴みたくない。彼は糞便が嫌いであるし、己自身が汚染される…

翻訳(中→日)《実用アビダンマ》(7-15)(私家版)

4、愧(ottappa) 特徴は、悪行によって齎される果報に対して、恐れを感じる事。たとえば、自分で自分を責める、他人による譴責、社会的譴責、法律上の罰則、残された後に(後々に影響する所の)業:今生の業、来世の業、無尽業。 これらの、悪行が齎す果報…

翻訳(中→日)《実用アビダンマ》(7-14)(私家版)

または、己自身の教育(のレベル)に思いを致す: 「私は高等教育を受けた人間である。他人を騙してはいけない」 または、己自身の年齢を考えてみる。 年齢を経た者は、幼稚な行動をとってはならない。 己自身の崇高な地位を思い、大通りや人の集まる場所で…

般若の独り言~笑顔

私は長年に亘って、タイと緬甸(ミャンマー)でテーラワーダ(根本仏教)を学び、森林僧院で修行もして、現在の身分は、緬甸のパオ森林僧院ヤンゴン分院で出家した尼僧(サヤレー)ということになります。 私の修行の方式(業処)は、安般念と四界分別観です…

般若の独り言~クラシック・イエロー

クラシック・イエロー 薔薇は、春の花? 般若精舎は高原にあって、かつ、日照が悪いせいもあり、庭の薔薇は、他より少し遅く、5月下旬、6月上旬になって、ようやく、咲き始めました。 写真は、4月に苗を一株、飯田高原でご購入の、薔薇の名前は《クラシック…

翻訳(中→日)《実用アビダンマ》(7-13)(私家版)

身口意の悪行に対して、嫌悪を感じる事は、慙の特徴である。 慙の作用は、悪をなさない事。嫌悪するが故に、悪をなさない。現起(現象)は、諸々の悪を避ける事。 ちょうど、雄鶏の尾が、火の前ではちぢこまってしまう様に、(慙の心は)悪の前ではちぢこま…

翻訳(中→日)《実用アビダンマ》(7-12)(私家版)

3、慙(hiri) 特徴は、悪行に対して、嫌悪を感じる事。悪行は、身、口、意の三つの方面を含む。 身の悪業には、三種類ある。殺、盗、淫である。 口の悪業は、四種類ある。悪口、両舌、綺語(おべんちゃら)、妄語である。 意の悪業は、三種類ある。貪、瞋…

般若の独り言~えびす丸ストーカー中

玄関で三つ指ついて正座するえびす丸 えびす丸(トイ・プ。雄。保護犬)が精舎に来て、9か月。6月で満三才です。 前の飼い主に可愛がられていた様で、人間大好き。 精舎に来た日の夜、一晩だけ遠吠えした後、翌日からすぐに、私に懐きました。 9か月後の現…

翻訳(中→日)《実用アビダンマ》(7-11)(私家版)

反対に、もし精進が過剰で、定力が不足である時、「掉挙」が生起する。正念は、精進力が多すぎる時、リラックスしなければならないという事を知っている。こうして初めて、定根と精進根をバランスする事ができる。 正念は(バランスの可否を)知っている為、…