Sayalay's Dhamma book

長年、当ブログにおいて逐次公開しましたテーラワーダ系仏教書翻訳文は、<菩提樹文庫>にてPDF版として、正式に公開されています。<菩提樹文庫>WEBをご閲覧下さい。

『智慧の光』(13-11)<K氏依頼分>最終回!

【要点】諸々の因の識別を開始したばかりの禅修行者は、この心路過程を識別するのに困難を覚える。このことが原因で、彼は名、色、因と果の諸々の行法の相、作用、現起と近因を識別した後で、それらを識別してもよい。この心路過程において、意門心路過程は状況に従って再び生起する事がある。禅修行者は、これら意門心路過程の中の、一つ一つの心識刹那五蘊の因果関係を識別する方法は、法所縁グループの意門心路過程の因果関係を識別するのと、同じである事を知る必要がある。……………………………          諸々の根が具足した後、五門心路過程は、この一期の生命の状況に基づいて生起する。以下では、色彩所縁グループの因果関係を識別する方法を列挙する。母親の食べた食物が胎内に輸送されると、食生色は生起し始める事ができる。この事から、有分五蘊の因果関係を識別する方法を再度列挙した。この時、有分心が依存する所の六種の色聚(心臓の中にある)、即ち、54種の色法は、色蘊である。(非真実色法は、状況に従って、その中に含まれる。それらは、状況に従って識別される。)。   ★★★(『智慧の光』<K氏依頼分>)の翻訳は、これにて完了です。…………………………………………………………………… ★願以此功徳、早日証得涅槃楽!…………………………………………………………………………緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属   Paññādhika  Sayalay  (般若精舎)