Sayalay's Dhamma book

長年、当ブログにおいて逐次公開しましたテーラワーダ系仏教書翻訳文は、<菩提樹文庫>にてPDF版として、正式に公開されています。<菩提樹文庫>WEBをご閲覧下さい。

『智慧の光』(13-5/6)<K氏依頼分>

意門転向識蘊には、二個の現在因がある:1.名色は因、識蘊は果。(ここにおいて、“名“とは11の心所を指す。“色“とは依処色と所縁色を指す。)。2.有分意触(34)は因、識蘊は果。欲貪には速行(欲貪清明速行)の中の五蘊が有る。1.色蘊は心臓の中にある依処色(5=46)である。2.受蘊は、速行の中の受。3.想運転は速行の中の想。4.行蘊は速行の中の思(1番目の解説法)又はその他の心所(二番目の解説法)。5.識蘊は速行の中の識。。…………             注:これらの欲貪に速行名法が含まれるの為、それは貪見名法である。それらは、20/19/22/21個の名法である。第二番目の解説法では、行蘊は17/16/19/18となる。欲貪に速行色蘊がある事を識別する方法は、意門転向色蘊の場合と同じである。……………………………………………………   欲貪には速行受蘊が存在する:1.依処(5=46)は因。受蘊は果。2.目標(新しい生命)は因、受蘊は果。3.A.有分意触(34)は因。受蘊は果。B.速行意触(20ー受=19)は因。受蘊は果。4.不如理作意(12)は因。受蘊は果。…………………………………………      注:ここで言う不如理作意(ayoniso manasikāra)は、“女性の生命がある“、又は“男性の生命がある“と錯誤を伴ってその事に注意を払う事を言う。もし、新しく獲得した生命を、“名色“とか“因果“または“無常“、“苦“、“無我“と識知するならば、それは正しいもので、如理作意である。この様に識知しない、又は作意しないで、所縁をば“女性の生命“又は“男性の生命“として注意を払うならば、それは即ち、不如理作意である。…………………………………………………………………………注意を払うべきは:それは欲貪を擁する速行の前に生起した所の、意門転向である事。言い換えれば、如理作意と呼ばれるか、又は不如理作意と呼ばれるものは、意門転向名法の中の勝解心所である。ここにおいて、それは勝解の錯誤により、“女性の生命“とか“男性の生命“とかがある、と決めた事である。勝解が、単独で生起する事が出来ず、相応する法と共に、同時に生起する必要がある為、故に、以下の事柄に注意を払って頂きたい:不如理作意は、ここでは、全ての、12の名法(勝解と全ての相応の法)を指しているものである。不如理作意は、不善速行を引き起こす近因となる。…………………………………………………………………………★願以此功徳、早日証得涅槃楽!