Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 コメント欄はどなたも利用OKですが、リトリートに入っている時は回答致しません。

般若の独り言~今後の予定

『禅修指南』ご愛読の皆様へ

昨日告知致しました通り、6月21日(金)、湯布院で法話会が開催されます。

法話者はパオ森林僧院ピン・ウー・ルウィン別院所属の Ñānadassana(智見)尊者で、中国語で法話をされますので、私が通訳を担当する事になりました(6月1日付ブログ掲載のチラシ参照の事)。

私が主催者となる、湯布院での初めての法話会で、少し緊張していますが、日本では(特に田舎)、テーラワーダはいまだよく知られておりませんので、満員御礼などはないと、参加者人数に関しては、余り期待しておりません(それでも何かと緊張します・・・会場設定の他、送迎、お食事の案内等も致しますので)。

そんな訳で、『禅修指南』の翻訳は、少しゆっくり目となります。

また、お気づきの方もいらっしゃると思いますが、『禅修指南』翻訳文のナンバリングの方法を変えました。

例えば、<11-3>ですが、翻訳文をある程度詰め込んでから後に、<11-4>に進む、という様な感じです。翻訳する度に、一日に何回も、細かくナンバリングするより、この方が効率がよく、『禅修指南』の翻訳は、後二か月程で、終了できると思います。ブログでは読みにくいと思われる方は<菩提樹文庫>でのPDF化を、ご期待下さい。

『禅修指南』の翻訳が終わりましたら、「顕正法蔵」(パオ・セヤドー著)を訳します(119頁までは、翻訳して、当ブログにて、公開しておりまして、120頁からの、再開となります)。

これが終わりましたら、<翻訳の完全なる終結>です。

これ以降の、<翻訳ヤメルヤメル詐欺>はありません(笑)。

来春の、本雅難陀尊者(Ven. U Puññānanda)のご訪日に関しましては、7月中・下旬頃に、再度、中間報告をさせて頂きます。よろしくお願いいたします。

       <緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>