Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

2018-04-11から1日間の記事一覧

FDC資料「37道品ハンドブック」3-6 Ledī Sayādaw著

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> (以下の翻訳文は、福岡ダンマセンターの法話会に供する為の資料です) 已に生じた悪業といまだ生じない悪業 輪廻の中で漂流する衆生の中には、二種類の悪業がある。 それは、已に生じた悪業と、未だ生じない悪業…

★飛び入り翻訳~『24縁発趣論』3-10

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 年若いKaccaññaは、急いで言った: 「おっと! Vidhura! 七種類も、説明しなくてもよい。 私は、最初の<信念>というものさえ、理解できない。 先にその意味を説明してくれ。」 Vidhuraは言う: 「信念とは、因…

★飛び入り翻訳~『24縁発趣論』3-9

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> こうして、彼はまた、一匹の悪龍(nāga)に変身し、Vidhuraを七巻して、彼の頭を攻撃する振りをした。 Vidhuraは、恐れを示さず、言った: 「お若いの。もう私を脅すのは止めなさい。 私は何があっても、恐れない…

FDC資料「37道品ハンドブック」3-5 Ledī Sayādaw著

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> (以下の翻訳文は、福岡ダンマセンターの法話会に供する為の資料です) 彼らは以下のように言う: もし、30年間努力をしても、なお解脱を証悟できないのであれば、どうせ今と同じ状態でしょう?と。 しかし、もし…