Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。

ブッダダーサ尊者著「無我」(翻訳文)ー31

[阿耆多翅舎欽婆羅ーーいかなる事物も

存在しない]

阿耆多翅舎欽婆羅(Ajita Kesakambala)

は、一切の事物の原理を否定している

(この観点は、今日における虚無主義

相当する)。すなわち:

いかなるものも、完全に、存在しては

いない。

人々が感受を受けて、このもの、あのものと

呼びならわしているもの、たとえば、

父親、母親、教師、専門家、尊重(+する

こと)、善悪、この世界、天神、苦行者と

婆羅門など、彼らはそれぞれ、異なった地位

を有し、このようにとか、あのようにとか、

お互いに対応の仕方を(+図っている)。

実際は、これらは、虚妄なる幻相であり、

人はただ元素の集合体であり、それが

分解されるとき、すべての元素は

分離してかつ、元の自然な状態に戻っていく。

人が死んだとき、彼の次の舞台は、火に

焼かれて灰になることだけであって、

霊魂などはなく、また、どこかへ行って

しまう「自我」というものもない。

祭祀という、このような善行も、祭祀の品

を灰になるまで焼くだけであって、

功徳もなければ、受益者もいない。

かように、いかなる事物も、

存在しないのである。

慈善は、懦夫が考え出したもので、

その上、彼らは、この行為が善果を

齎すという。

この種の言い方は誤りであり、ただ一種の

空談にすぎない!

世間には、良い人などというものは

いないし、悪い人もいない。

悪党もいないし、智者もいない。

ただ元素の集合体があるだけで、人が死ぬと、

完全に何もかもが、跡形もなく、なくなる。

(+ )(= )訳者。(つづく)

★誤字脱字を発見された方は、当コメント欄

にてご一報頂くか、または<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

ブッダダーサ尊者著「無我」中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>