wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

rubyさんのコメントへの返信

rubyさんへ。

私のブログ<是誰庵のひとやすみ~再びvipassanaについて>をご閲覧の上、コメントを頂き、ありがとうございます。

私は20年前、緬甸(ミャンマー)のモーラミャインにあるパオ僧院本山で修行した時に、本山を抜け出してヤンゴンに出かけて、マハーシ系のお寺に行って、修行した事があります。

その時、マハーシでは、お腹の起伏、足の上げ下ろしを見るのだと教わりましたが、何分、私自身、ミャンマー語が出来ませんので(英語も苦手)、先方と、刹那定に関する議論をしたわけではありません。

その為、先に、私が知る限りのマハーシ瞑想は、日本で教えられているもの、と限定させて頂きます(私は、日本では、モーラミャインに出かける以前の1、2年の間、マハーシに打ち込んだ時期があります)。

まず、(日本の)マハーシ瞑想は、お腹の起伏を見て(気づいて)、それにラべリングしたり、足の上げ下ろしを見て(同上)、それにラべリングしたりします。

今までボンヤリ暮らしていた人が、マハーシ瞑想をすると、「おお、私の身体の様子がよく分かる」「おお、私の心の動きがよく分かる」と大変に感動します。

そして、それが 「仏陀がご自身で開発した vipassana という修法だ」と教わると、もうすっかり「仏陀の直々の教えに出会った」と感激するのです。

私もそうでしたから、よく分かります(笑)。

大きな問題は、(日本の)マハーシ瞑想では、「一旦、初禅~四禅に入り、そこから出て来て後に、深い刹那定で、諸法、究極法を観察をするのだ」という修法は、考慮されていない事です。

マハーシ瞑想を実践された方ならお分かりになると思いますが、ラべリングして集中力を高めるといっても、到達できるのは遍作定か、遍作定に近い近行定止まりでしょう。ラべリングしながら、初禅~四禅には決して入れません。

この<遍作定レベルの意識>で観察する対象は、究極法ではなく、概念法です。故にサマタ瞑想になります。

上で述べました通り、本場緬甸(ミャンマー)で、マハーシの指導者が「我々がやっているのはサマタです」と言っているのか、「我々がやっているのはvipassanaです」と言っているのかは(私がミャンマー語が出来ない為)直に確認しておりませんのでよく分かりませんが、日本では、「ラべリングしながら観察するのは、vipassanaである」と教えていると、私は理解しています。

さて、ではパオ・セヤドーはどう言っているか?

私が翻訳した『智慧の光』の冒頭、パオ・セヤドーは、「初禅~四禅に一度も入らないで、いきなり行う<観察瞑想>を、<刹那定で観察しているのだ>と言う人がいるが、それは正定ではない。正定ではないのに、(遍作定レベルの刹那定で)悟れると教えるのは、仏陀の教え、八聖道に反している」と述べています。

これは、名ざしはしていませんが、初禅~四禅に一度も入らずに、遍作定レベルでラべリングしながら、身・心の現象を観察するのを「『刹那定』で観察している」「vipassanaしている」と主張している人たちを、批判したものです。

一旦初禅~四禅に入り、そこから出て来て、深い定(安止定等)を保ちつつ、そのまま刹那定に移行して、色聚と心法を観察するのと、一度も初禅~四禅に入らないまま、ラべリングで遍作定を保ちつつ、観察するのは、意識のレベルも、見ている内容も全く異なります。

緬甸(ミャンマー)の孫倫禅師も「ラべリングしながら、概念をもって観察していては決して悟れない」と著書の中で言っています(孫倫禅師の意見は、ブログに翻訳して載せてあります。<孫倫>で検索してみて下さい)。

私の理解では、マハーシ瞑想(の初歩段階)は、サマタ瞑想であり、vipassanaではないと思います。ただし、マハーシ瞑想で、相当高度のサマタ瞑想が出来るようになった後、ラべリングを外して禅定に入る修行方法があって、それは個別に実践しているが、公開はしていない、というのであれば、マハーシ瞑想から入って、いずれはvipassanaの段階に進むというのは、システムとしてはありえます。

ただ、そういうシステムであれば、なぜ、パオ・セヤドーが、「正定に入らない刹那定は、悟れない」と、自著でもって公開批判するのか?という疑問が残ります。

菩提樹文庫>にパオ・セヤドー著『智慧の光』が公開されていますから、拙訳ではありますが<第一章>冒頭部分を、是非ご一読下さい。

追補:いちども禅定(初禅~四禅)に入らないで行う観察瞑想は、それを<刹那定>と呼んでも、なんと呼んでも、サマタ瞑想です。(ただし、純観行者は、禅定に入らないまま vipassanaはできます。純観行者の vipassanaは、初禅に限りなく近い近行定に入っての vipassanaです。)

nimittaが生じた後、その光を利用して、色聚の転変~無常・苦・無我を映画のように直接観じて(観照して)初めて、vipassanaと言うのです。

尚、純観行者は、禅定の修行をせず、初禅~四禅に入らなくても阿羅漢になれますが、ラべリングを通して観察する方法で悟るのではなくて、四界分別観の修習を通して悟ります。

四界の、合計13種類の特徴を、身体の頭から足まで観察して、やがて集中力が増して、身体が透明に見えるようになった時、色聚の無常・苦・無我を観察するものです。純観行者に必要なのは、限りなく初禅に近い近行定(で保証された刹那定)です。

純観行者に関しては、同じく『智慧の光』第一章をご参照下さい。

       <緬甸パオ森林寺院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay>

 

 

是誰庵のひとやすみ~再び vipassanaについて    ~パーリ語マジック~

日本では、 vipassana という言葉が一人歩きをして、

非常に混乱しているように思います。

私たちが安般念(出入息の瞑想)をして、意識が少し深くなる時、例えば遍作定とか近行定とかの時点で、身体の色々な変化が<見えて>きたりします。

これまで、のんびり何も考えないで生きて来たけれど、身体ってこういう風に、じっとしていられない性質(無常・苦・無我)を持っている事が分かり始めます。

しかし、これは、無常・苦・無我の概念を<見ている>のですから、サマタ瞑想に属します。

中国語ではこれを、<覚知>と言い、観照=vipassana とは言いません。

安般念の修行が進んで、nimittaの光(禅相)が見える様になって、その光を身体内に引き込んで、己の内臓などを見る時(32身分の修行)、このレベルであってさえも、vipassana ではなくて、サマタ瞑想です。

「これは胃」「これは腸」と思いながら観察している時、それは<概念>から、出ていないからです。

Vipassana とは、色聚(原子より小さく、素粒子より大きい物質)の刹那生・滅を、映画を見る様に、心眼でみてとる事をいい、中国語では特に<観照>といいます。

その時、男女の別や、人間であるとか、ないとかの概念は吹っ飛んでしまいます。vipassanaによって、電気的なエネルギーの変転を<観>じる時、その時初めて、あなたは

<概念>のレベルを越えることが出来ます。

要約しますと、一度禅定に入り、禅定から出て来て、安止定辺りの意識で刹那定に入り、色聚の無常・苦・無我を、映画を見る様に<観照>しているなら vipassanaです。

心については、心法(心の縁起)が、「映画をみるように

<観>て取れたら」vipassana で、それ以外の、「認識の対象を知っただけ」なら、<覚知>です。

Vipassanaという言葉は、日本では、みなさんが勝手に意味付け・定義して使っているような気がしてなりません。

一度、vipassanaという言葉をやめて、

己は今、対象を

<覚知>しているのか、 それとも

<観照>しているのか・・・

自分自身に問うてみてはどうでしょうか?

(<パーリ語マジック>そろそろ卒業しませんか。)

補足:

覚知=概念で対象を認識・確認する事(心と脳の共同作業)。

観照・vipassana=禅相の光で対象を照らして、映画のように実相を観ずる事(観照する事)。心眼による直接認知。

 

        <緬甸パオ森林寺院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay>

 

 

是誰庵のひとやすみ~蛇の子、王の子、子供の沙弥

私は若い頃、タイの森林寺院で修行した事があります。

その時に聞いた一口話

<蛇の子、王の子、子供の沙弥には気を付けて>

そのココロは・・・。

蛇の子供は小さくて、頼りない感じがします。

捉まえて、尻尾を持ってふり回して、おもちゃにしてやろうかな、なんて思う腕白さんもいるでしょう。

でも、蛇は小さくても、それが毒蛇であった場合、噛まれれば致命傷になります。

子供の蛇に、ご用心ご用心。

王の子とは、王子様の事ですね。

王子様と遊んでいて、あなたが王子様に意地悪をしたら、王子様は王様に訴えますね?

そうするとやっかいな事になります。

王子様とは喧嘩しない方がよろしい。

小さい時に出家した子供の沙弥(20歳以前は、比丘になれませんので)。

でも、実は悟っていたりして・・・この子にぞんざいな口をきいてはまずいです。

小さくても仏縁のある人は大切にしましょう、という意味ですね。

ただし、沙弥や比丘等の出家者が戒律違反をしていたら、在家がそれを指摘する事は可能です。

聞き入れてもらえなければサンガに訴える事もできます(是非の裁量をするのはサンガで、在家にはできませんが)。

出家と在家はお互い支え合う仲間、同志です。

出家は修行に勤しんで、修行で得た悟り体験をダンマとして在家にお話して、在家を正しい道へ導く。

在家は家庭を守り仕事をしながら、法話を聞いて、自分のできる範囲の修行をする。

サンガを支えるのは在家。

指導する者、される者の区別はありますが、人間としては平等です。

出家者と会話する時、必要以上に卑下したり、謙譲する事もないですが、乱暴なもの言いは止めておいた方が無難、そんな所でしょうか?

 

 

 

翻訳番外編ーLedī Sayādaw

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

緬甸の大禅師 Ledī Sayādaw(遷化) の著書「37道品導引手冊」の中に、修行者に参考になりそうな文言がありましたので、翻訳して紹介します。

仏陀は、このように述べる:

布施の行為を軽視する人、または布施をする人を軽視する人は、己の智慧の啓発に障礙を齎す(=智慧の障礙)。

戒律、禅定、智慧を軽視する行為(+をする人)、または修行を軽視する人には、いわゆる『法の障礙』が齎される。

もし、『智慧の障礙』が齎されると、この人は、権力、影響力、または財産を失い、現世、また来世において、赤貧の苦しみに会う。

もし、『法の障礙』が齎されるならば、この人は、言動や覚知のレベルにおいて、問題が生じて、今世か来世の内に、生存の価値を完全に失ってしまう。」

願わくば一切の衆生に、悟り、覚醒がありますように!

人間に生まれたという特殊な機縁は、上記に述べた邪法から抜け出すチャンスであり、今生において修行に努力して、未来の輪廻における四悪道に向かうのを阻止するならば、そして、止・観の修習に専心、奮闘する事ができるならば、何らかの(+ハラミツの)種を蓄積して、今世で苦痛から解脱するか、または未来の仏法の中で解脱する事ができる。

<Ledī Sayādaw著 「37道品導引手冊」p32抜粋・翻訳>

      <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(パオ・セヤドーは、「菩提資糧」の中で、お布施を軽視するのを、未来における福徳の欠如、修行を軽視するのを、未来における智慧の欠如と言っています。Ledī  Sayādawと少し表現が異なるようです。)

        <緬甸パオ森林寺院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay>

 

 

「身念処」2-4

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

2-2 実修

この種の修法は、各種の姿勢を念住する:それはすなわち、行・住・坐・臥である。

例えば、座っている時の「三心」--精進、正念、正知ーーは、座っている姿勢を覚照しなければならないし、また、それが座っている色身である事を、認識しなければならない。

三心(我々自身ではない)が座っている色身を観照している。

それはちょうど、舞台の上にいる演者を見ているように、観衆はただ演者に注目し、演者の行為や演出をコントロールする事はない。

演劇を見るのと、<今・ここ>に生きるのは同じ事であって、過去や未来に興味を感じない。

故に、修行者は、修行する時、演技を見ているようでなければならない。

例えば、修行者が座っている色身を観照する時、痛みが生じるが、その時、彼は座っている色身が痛いのだという事を知る。これは苦苦であるが、しかし、この時、苦受を観照してはならない。

というのも、今は身念処を修行しているのであって、故に、<今・ここ>において、我慢が出来なくて姿勢を変えざるを得無くなるまで、座っている色身の苦を何度も何度も観照しなければならない。このように実践すれば、修行者は、座っている色身の中に存在する苦諦を体験・体得する事ができる。

この事は、苦苦が色身から来るものである事(+を示しているが)、身・心とはすなわち、苦諦なのである。

(2-5につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<原題「身念処」Vipassana Bhavana 第二版 アチャン・ネン著

中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>

 

 

是誰庵のひとやすみ~ノジマライオン

先日、意を決して炊飯器を一個、購入しました。

インターネットで口コミ・評価を調べ、最安値を調べ、3合炊きの炊飯器を一個(ついでに、季節外れでアウトレットになっていたアイスクリーム製造機も一個)、Web上で、注文しました。

普通は、折り返しで「あなたの注文は、〇日に受け付けました」とメールの返信が来るはずなのに、2、3日待っても、ウンともスンとも言ってこないので、こちらから問い合わせのメールを出してみた。

宛先は<ノジマライオン様>。

偉く威勢のいい電気屋さんだなと思ったけれど、本社が横浜にあるらしく、<海の見える丘公園>当たりのビルなら、鬣を風になびかせたライオンがいてもおかしくないかもぉ、と自分に言いきかせ・・・。

その<ノジマライオン様>から、「ご注文の商品はすでに発送しました」と返事が来て・・・仰天。

会社の名前は<ノジマ・オンライン>。

最近はアマゾンでも買い物するし、オークションでも買い物するから、IT婆さん気取りでいたら、えらい所で恥をかいてしまった。

担当者は、笑いをかみ殺して、メール返信したんだろうなぁ(笑)。

PC画面上に、カタカナがずらずら並んでいる時は、老眼鏡をかけ直そう!  トホホの巻。

 

「身念処」2-3

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

2-1-3 中道

中道は、好き、嫌い、執着または嫌悪(+の感情を)取り除くか、または止息したものである。

中道は、この修法にとっては、非常に重要である。

もし、あなたが正念正知を具足して、<今・ここ>において生きる事ができるならば、好き、嫌いという(+感情)は、生起する事ができなくなる。

これは、また、我々がなぜ以下の様であらねばならないか、という理由でもある。

1)毎回、苦が生じる時、姿勢を変えて苦を治そうとするが、それは苦が、色身に姿勢を変える様迫るからである。

あなたは、「如理作意」を保持して、煩悩が介入するのを防がなければならない。そのような事から、姿勢を転換する時、良好な如理作意と省察力を保持する必要があり、そうであって初めて、あなたは、あなたの修行が、煩悩と相応していなかどうかに、注意を払う事ができる。

例えば、座っている時、我々は少し(+身体が)痛いと感じる事があり、(+その時)我々は、この姿勢を好まない(嫌悪の心を起す)で、貪欲な心を起して、もう一つの、新しい姿勢に転換しようとする。

(+この修法においては)ただ苦が我々に迫った時にのみ、我々は姿勢を変更する事ができる(=姿勢を変更してもよい)。

我々は、痛みがなくなるまで、座り続けてはならない。

というのも、このようにすれば、煩悩が生じるが故にーーそうする事によって、私(+自身)が、痛みをコントロールできるかのような錯覚・邪見を(+生じせしめるのである)(実際、身・心はどれも、コントロールできないものであって、それらは無我なのである。)

しかしながら、ある種の修行者は、苦を見る為に、長く座ったり、または痛みが消えるまで座り続ける事があるが、しかし、この種の苦は真実ではないのである。というのも、この種の苦は人為的な要素によって、意識的に造りだされたものであるが故に。

ある種の修行者は、更に長く座っていようとするのは、深い禅定に入るためである。というのも、彼らは、このようにすれば、智慧を引発することができると考えているからである(訳者注1)。

しかし、このようにする事は、煩悩を増やすだけである。覚えておいて欲しいのは、四念処は修心であって、修身ではない事である:もし、心が間違えたならば、身体もまた間違うのである。

例えば、心の内に、結跏趺坐が、比較的に容易に実相が見えるという考えがある時、心は身体をして、結跏趺坐をさせるのである。

2)どのような姿勢においても、それから快適さ、または快楽を得ようとしてはならない。また、この種の姿勢はあの種の姿勢より良いとか、悪いとか、考えてはならない。

というのも、どの種の姿勢も、不確実:無常・苦・無我なのであるから。

3)修行において、定を得ようとしてはならない(訳者注2)。

禅定は、我々をして、コントロールできる自我があると思わさせられるし、また、我々に静かで楽しいという感覚を齎す。しかし、実際には、楽しいというのはなく、暫定的に苦から離れた(+と言う状況が)あるだけなのである。

もし、苦がないならば、我々は苦を体験・体得することができない。苦諦は、仏の教えた真理であり、しかし「楽諦」ーー楽しさの聖諦ーーはないのである。というのも、楽は無常・であり、苦に変化するものであるが故に。

4)修行には、成就したいとか、開悟したいとか、看破したいとかの心理(+的要求)はないようにする(+のが望ましい)。

涅槃を証したいとか、阿羅漢果を得たいとかも、思う必要は無い。

修行者は、これらの貪念を滅し除くべきであって、そうでないならば、涅槃には到達できないのある(訳者注3)。

5)修行においては、あなたは教師になりたい等いう考えを持ってはならない。この思いは、貪欲を齎し、慧の発生の障礙になる。修行の唯一の目標は苦の滅にあるのである。(訳者注3)

(訳者1)禅定を重視するパオ・セヤドーの修法を学んでいる訳者としては、この考えにもろ手で賛成する事はできないが、近行定や安止定のレベルにおいても、<苦諦>への、多くの気づきが齎されるのも真実である。私自身は現時点では、禅定で悟る方法と、軽い定(サマーディ)で苦を悟る方法の、両方を併用してもよいのではないか、という考えを持っている。

(訳者2)注1で書いた様に、パオ・セヤドーの法門に属する者としては、深い禅定は必要だと考えている(ただし、パオ・メソッドでは、禅定から出て後、刹那定を保ちつつ vipassanaを実践し、vipassana によって無常・苦・無我を悟るのであって、禅定自体を最終目標においている訳ではない)。

(訳者3)修行において「成功して、人を教えるようになりたい」とか「名声が欲しい」となると、邪道になり、指導者にありながら、問題を起すことは、近日にも生じることである。修行における成果主義は、百害あって一利なしである。

(2-4につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<原題「身念処」Vipassana Bhavana 第二版 アチャン・ネン著

中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>