wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

パオ・セヤドー弘法記念「顕正法蔵」5-117

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

8-10-1 10種類の捨

捨には10の種類がある:

1,六支捨(chaḷaṅgupekkhā);

2,梵住捨(brahmavihārupekkhā);

3,覚支捨(bojjsṅgupekkhā);

4、精進捨(viriyupekkhā);

5,行捨(saṅkhārupekkhā);

6,受捨(vedanupekkhā);

7,観捨(vippassanupekkhā);

8,中捨性捨(tatramajjhattupekkhā);

9,禅捨(jhānupekkhā);

10、遍浄捨(pārisuddhupekkhā)。

 

(一)六支捨とは、漏尽者における、捨の名称である。

それは、喜ばしい、または喜ばしくない所の、六個の所縁が、六門に現れる時、清浄なる中捨を保つ(+事を意味する)。

それは、このように形容される:

「ここにおいて、漏尽の比丘は、目において、色塵を見る時、彼は喜悦せず、また悲しむ事もない;彼は正念と正知において、捨に安住する。」

(《増支部》)

(二)梵住捨は、衆生に対して、中捨を保持する事。

これは以下のように形容することができる:

「彼は一方(の有情)に対して、捨心によって安住する。」(《長部》)

(三)覚支捨は、同時に生起した諸法において、中捨する事。

これは、以下のように形容する事ができる:

「彼は捨離によって捨覚支を育成する。」(《中部》)

(四)精進捨は、過剰に精進しない事、また怠けない事を意味する。

これは以下のように形容する事ができる:

「彼は常に捨相を憶念する。」(《増支部》)

(五)行捨は、省察と諸々の蓋を平静にする事に関連する中捨である。

これは、以下のように形容することができる:

「定を通して生起する行捨は、幾つあるか?

観智を通して生起する行捨は、幾つあるか?

定によって生起する行捨は、八種類ある。

観智によって生起する行捨は、10種類ある。」(《無礙解道》)

八種類とは、八定と関連する所の、捨である。

10種類は、四道、四果、空解脱及び無相解脱に関連する捨である。

(5-118につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー「顕正法蔵」2008年中国語版→日本語訳出

中国語版→日本語訳出翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>

 

 

「身念処」1-34(30 /203)

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

1-3-7 八聖道

八聖道とは、37道品の最後の要項で、この八聖道を加えて、37項目になるものである。

八聖道は、世間と出世間という、二種類があり、7菩提分が円満された時、八聖道は、出世間(聖道)になるが、この時、涅槃が、心の所縁となる。

重要な事は、八聖道は遵守するだけでなく、体験・証悟しなければならない、ということである。

たとえば、7菩提分を円満した後、次に、八聖道を円満すれば、四聖諦を体験・証悟して、涅槃に到達する事ができる。

これは、四念処によって、四聖諦を体験・証悟しているのであって、このことはまた、なぜ、四念処が37道品の最初に来るのかという事(+への回答でもある)。

四念処は因であるーー八聖道が円満された時、四念処はいまだ世間法に属しており、四聖諦が体験・証悟された時、四念処は出世間法になる。

仏陀は、相応部ニカーヤの中で、以下のように述べている:

「私が教える四聖諦は、奥深くて、理解する事が難しいものである。それは出世間法であって、本性は空寂ーー無我である。

未来の比丘は、この種の教法を聞く事ができない。というのも、四聖諦は、彼らにとって、理解するのが難しいが故に。

真の金ーーすなわち、真理ーーは尚、存在する。

真理が存在する時、偽の金は存在しない。

しかし、真の金が消失する時、偽の金が、出現する。これが、なぜ、仏法が衰退するのか、という理由である。」

(その他の八聖道の部分に関しては、1-1-1節と1-4-7節を参照の事)

(1-35につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<原題「身念処」Vipassana Bhavana 第二版 アチャン・ネン著

中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>

 

 

 

 

「身念処」1-33

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

4)喜覚支(喜悦)

この種の喜は、実相般若から出たものであって、貪愛・煩悩などの、世間的な快楽ではない。

11法を円満する必要があり、それはたとえば:

修行者は、仏、法、僧、戒と涅槃の功徳に、思いを馳せる、である。

5)軽安覚支(寂静)

この智は、心身における三法印(無常・苦・無我)を所縁として、7法を円満する必要がある。たとえば:

a)修行者は、随時、正念正知を具足しなければならない。その意味は、<今・ここ>に(+意識を)保持する事である。

b)平静心があり、実相を理解する人とのみ、接触する。

c)食事は、ただ苦を滅したいが故に、修行を続ける為であることを(+知る)。

6)定覚支(専注)

11法を円満しなければならない。たとえば:

a)信(=確信)と慧は、バランスが取れている事。

b)精進、慧、喜は、修行者を八聖道に導きいれるほど、非常に鋭くなければならない。

c)いつ何時も、正念正知を保持する事。

7)捨覚支(平静)

5法を円満しなければならない。たとえば:

a)修行者は、心身は実相(「非男、非女」)で、また、業の果報に過ぎない事を体験・納得しなければならないーー心身の為に、これ以上、何かをする必要がない。

b)いつ何時も、正念正知を保持する事。

註:

1、一つひとつの覚支は、それぞれ三法印(無常・苦・無我)を、その所縁としなければならない。

2、一つひとつの覚支は、それぞれ四念処によって誘発される。(+専注等の)力が強くなり、智慧が鋭くなり、明覚(三心)でもって四念処を修し、菩提分を円満し、聖道に入るーーすなわち、悟道に至る。

(1-34につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<原題「身念処」Vipassana Bhavana 第二版 アチャン・ネン著

中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>

 

広告を非表示にする

「身念処」1-32

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

1-3-6 七菩提分(図1-1)

(七菩提分は、八聖道の勇猛な智慧を誘発する事ができる。八聖道は、悟道に導く事ができる。そして、この道は、四念処より始まる。)

1)念覚支(念住)

正念が非常に強くなる:

この段階における修行者は、自分自身が四聖諦を証して、聖者になる事ができるのを、確信することができる。

正念を円満するには、修行者は、以下の要件が必要である:

a)四念処を修行する時、正念正知を保持する。

b)修行しない人と接触しない。

c)心身をして、常に、<今・ここ>における、四種類の姿勢を、照見せしめる事を保持する。

2)択法覚支(研究)

法の点検または研究:

この智は、心身が無常・苦・無我である事を体験するものである。

以下の智を円満する必要がある。すなわち:

a)修行の時、バランスを保つ事。

もし、信が強すぎる時、貪愛が生じるし、慧が強すぎる時、法への疑が生じる。

精進と定は、バランスを取る必要があり、精進が強すぎると、掉挙が生じる。

定に偏り過ぎると、精進と精神に偏差が起きる。修行者は、自信がありすぎると、(+修行が)第12階智で止まってしまい、最初からやり直す必要がある場合がある。

b)実相を見る人とだけ、接触する事。

3)進覚支(精進)

精進が更に強化されるためには、11法が円満されなければならない。たとえば:

a)更に修行に精進する。

というのも、この段階においては、悪道に生まれる事は無益である、という感覚が生じるが故に。

b)修行者は更に精進する。

というのも、今現在、彼にとっては、四念処は滅苦の唯一の道である事に、二度と懐疑を抱かないが故に。

(1-33につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さいご協力、よろしくお願いいたします。

<原題「身念処」Vipassana Bhavana 第二版 アチャン・ネン著

中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>

 

 

広告を非表示にする

「身念処」1-31

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

1-3-5 五力(図1-1)

(五力の作用は、五根と同じであるが、その力は五根より強い)

1)信力:

修行に対しての信心(=確信)が、一層強化され、修法を正しいものとする、確信が生まれる。

2)進力<ママ>(訳者注1)(努力):

心の精進力は更に強まり、かつ、煩悩を克服できるようになる(たとえば、「心が見ている」と観照する時、「私」が見ているのではない、ということが知れる・・・など等。

進力<ママ>は、妄想心と五蓋の生起を、防止する事ができる。)

3)念力:

心を<今・ここ>に、保持する事ができる。

4)定力:

心は、(+座禅・瞑想において)座っている所の色身を、明確に観照する事ができる。

5)慧力:

智慧が非常に強くなり、「私が座っている」という邪見を、変える事ができる。

というのも、智慧の力は、煩悩よりなお強く、故に、智慧は、煩悩を断じ除く事ができるからである。

通常、一般の人々が、修行を始めたばかりの時、愚痴(無明=愚かと無知)と貪愛は、非常に強い。しかし、五力の段階に来ると、無明と貪愛は、すでに克服・降伏されている。

第一智階(名色分別智)(+が成就されたそ)の後、定と慧は、等しく持もたれる。

それ以前では、定の方が、比較的強い。

(訳者注1)原文の<進力>は<精進力>と同じ意味だと思われる。しかし、同じ行に

<進力>と<精進力>が並列して出て来るので、<進力>は<ママ>とした。

(1-32につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<原題「身念処」Vipassana Bhavana 第二版 アチャン・ネン著

中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>

 

 

広告を非表示にする

是誰庵のひとやすみ~凛々として

2011年に東関東・福島大地震が起き、東電原子力発電所が暴発し、廃墟と化しました。

私はそれ以前に、通訳随行員として、女川原発を視察した事が有り、施設内部を見、職員の説明を聞いた結果、原子力発電にはよい印象を持っていませんでした。

そのため、京都大学原子力を研究し、その危険性を告発し続けてきた小出裕章先生に、大いに賛同する所があります。

先日久しぶりに、京都大学を引退されて長野に移り住んだ小出先生のWEBでの発言を読んでいましたら、「私は政治が嫌い」「宗教も嫌い」「宗教って、依存でしょ」という発言が見られました。

「宗教って、依存的な所あるよね」と私も思います。

心酔できる指導者を見つけて、その人にただただついて行く・・・そんなイメージでしょうか?

仏教を実践している私としては、「仏教は自立の為に学んでいるのだ!」と声を大にして言いたい所ですが・・・。

宗教を学ぶ人、一人一人が「自分は指導者に依存していないだろうか?」「教えに対して、教条的になっていないだろうか?」と常に、自問する必要があります。

ゴータマ仏陀も述べていますが、僧侶だから、比丘だから、指導者だから、言っている事が全部正しい、とは限らないのですから、教えの内容を、自分自身の頭と身体と心で確かめながら、一歩一歩、前へ進むしか方法はありません(道を間違えたら、自己責任です)。

私は、仏教は、己自身の、真の自立のためにある、と思っています(ただ、人間は完璧ではないので、<真の自立>というのは難しいですね。凡夫なら<自律>が出来ればヨシでしょうか)。。

強くしなやかに、凛々と、自立・自律して生きるために、(方便の一種として)仏教を学ぶ・・・・・・外の人に「あれは一種の依存症だ」などと、嗤われないようにしたいものです。

 

「身念処」1-30

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

1-3-4 五根(図1-1)

(四念処に用いる場合)

1)信根(信心・確信、信仰・信頼によるコントロール能力):

この段階において、心の力は強くなり、(+修行を)嫌になったり、厭きたりしない。

修行者は、四念処が、真正に、苦を滅する道である事を、深く信じる。

2)進根(精神のコントロール能力):

精進が、心を主宰している状態であり、(+修行者は)修行を怠けない。

3)念根(念住のコントロール能力):

念住は、非常に強くなる。

しかし、座っている姿勢・色身を忘れない事(+が大事である)。

4)定根(専注のコントロール能力と、座っている色身の認知):

四念処の修法において、心が<今・ここ>に安住できる事。

5)慧根(智慧のコントロール能力):

無明を取り除き、心をして、座っている色身の姿勢全体を、認識せしめる。

(1-30につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<原題「身念処」Vipassana Bhavana 第二版 アチャン・ネン著 

中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>

広告を非表示にする