Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。

FDC資料「37道品ハンドブック」6-6 Ledī Sayādaw著

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

(以下の翻訳文は、福岡ダンマセンターの法話会に供する為の資料です)

ここにおいて、「五力」と相対応する所の、五種類の不善法の意味・意義を説いた。

この五種類の、相対応する不善法とは:

一、貪欲。

二、怠慢または痛みを受け止めるに無力である事、または対応しなければならない問題に対して、無畏の力に欠けている事。

三、失念。

四、散乱。

五、迷いと惑い。

これら五種類の悪業を退治する事のできる五種類の法を、「力」と言う。

もし、(+修行者の中に)「五力」の中の一つでも脆弱なものがあると、ちょうど「未了行者」のように、「禅定」と「直観(=vipassana)」において、成就を獲得することができない。

故に、ある種の人々が、貪欲の領域から抜け出す事ができるのは、彼らの「信力」が強くて力があるのが原因である。

彼らは、財産、食事、色(=身体)と世間的尊厳と栄誉への執着から抜け出している。しかし、彼らは、他の四種類の力において、欠陥があるが故に、円満具足の境地に至る事はできない。

ある種の人々は、貪欲、怠慢の領域から抜け出すことができる。これは、彼らの「信力」と「精進力」が、強くて力があるが故である。

彼らは、持続的に善法を順守するーーすなわち、樹下住支及び頭陀行を。

しかし、彼らは、その他の三種類の力において欠陥があるため、「身念住」を修習したり、または「禅定」と「直観(=vipassana)」を修行する能力は、無いのである。

(6-7につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<「37道品ハンドブック」Ledī Sayādaw著 中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>

FDC資料「37道品ハンドブック」6-5 Ledī Sayādaw著

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

(以下の翻訳文は、福岡ダンマセンターの法話会に供する為の資料です)

「念」の反語は「失念」(「妄念」とも)の悪業である。

「失念」とは、「禅定」(たとえば「身念処」)または「直観(=vipassana)」の中に投入する(=心が落ち付いてそこに居続ける)事が出来ず、専心一致が出来ず、己の心霊(=心)を支配することができず、随意にその他の思想、思考の対象に向かって漂い、修行において必要とされる対象の上には、置く事ができない。

「自然念」は俱生によってもたらされるが、しかし、これには、失念を駆逐する能力がない。

唯一「修習念」だけがそれを駆逐することができる。

「禅定」の反語は「散乱」の不善法であり、それは「修習作意」において、心霊は専一である能力がなく、不安で、散乱している事を含む。

諸々の多くの対象に対して、雑念を生じ、心を一処に制する事もなく、心霊をしてコントロール(制御)し、一つの対象に専注せしめる能力もない。

「慧」の反語は「迷いと惑い」の不善法である。

それは、無知、明晰さの欠如、ぼんやりしている事及び心霊の光明に欠けている事が含まれる。

暗黒が心霊に付きまとっている。この種の迷いと惑いは、「自然慧」でもって駆逐する事はできないし、三蔵経典を飽きるほど読んで得た知識「教法智」(pariyatti-paññā)でもって、駆逐することもできない。

唯一、「身念住」(+の修行)における「修習智慧」だけが、この種の「迷いと惑い」を駆逐することができる。

(6-6につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<「37道品ハンドブック」Ledī Sayādaw著 中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>

 

 

 

FDC資料「37道品ハンドブック」 6-4 Ledī Sayādaw著

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

(以下の翻訳文は、福岡ダンマセンターの法話会に供する為の資料です)

現今の世界において、この種の「精進」の領域は、非常に曖昧になってしまった。

今日、比丘は「身見」「悪行」に落ち込んでいる事に気が付いており、また、(+己自身が)「苦界」の中に再生した衆生の階層の中にいる事にも気がついているが、しかし、(+彼らは)施者が建立した村落の中に居住して、大量の供養を受け、大きな利益を享受している。

彼らには、この社会における、その他の人士(原文前後意味不明)、たとえば、「怠慢」に相当する一切の行為を放棄する能力がなく、そして、この種の「怠慢」の領域は、まるで大海が島嶼を飲み込んでしまうがようである。

これがなぜ、「自然精進」が脆弱であるのか、という説明である。

「修習精進」だけが、修行者をして、極めて少ない睡眠を保証し、常に(+心的)覚醒、目覚めを保ちせしめ、主動的で、懼れなく、大胆で、着実に独居し、心内は相当に堅固であるように保証する。

(+修行者は)このようにして初めて、怠慢を駆逐することができる。

37道品においては、このような「修習精進」が、求められるのである。

以下に続く説明によって、我々は「念力」、「定力」、「慧力」の詳細な意味、意義を知ることができる。

私はここにおいて、簡単な説明を試みる。

(6-5につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<「37道品ハンドブック」Ledī Sayādaw著 中国語版→日本語訳出 

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>

 

★飛び入り翻訳~『24縁発趣論』6-1

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

6、俱生縁(Sahajātapaccayo)

この縁は、縁法が生じる時に、縁生法をして、それ(=縁法)と同時に生起せしめる縁である。

これは、灯火を比喩として述べることができる。

灯の灯がついた時、それ(灯)は光線、色彩及び熱を誘発し、それ(灯)はそれと共に、それらをば、同時に生起せしめる。

一、名と名(心と心所)

心王(縁法)の生起は、心所(縁生法)を帯動するが、それは、俱生縁の縁力を借りて、それ(心王)と共に生起するのである。

心王と心所は同時に生起し、同時に滅するが、また、(+対象は)同一の所縁であり、依処も同一である。

心所の四つの特性は、心と同時に生じ、心と同時に滅し、心と同じ目標を縁に取り、かつ、心と同じ依処を擁する事である。

どのように理解すればよいのか?

舌聞心路過程を例に、以下に説明する。

(6-2につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<『24縁発趣論』スシラ・サヤレー著 中国語版→日本語訳出 

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>

 

 

 

 

般若の独り言~アウグスタ・ルイーゼ

f:id:wong0110:19800101000150j:plain

先日のブログで、バラの新種(改良種)は、値段が高い割に弱いと書きました。

特にフランス語で、コジャレタ名前のついたのは、そんな感じがします。

ドイツは、なんでも質実剛健です。

この<アウグスタ・ルイーゼ>も、ドイツな感じです(ドイツ語分かりませんが)。

改良が上手く行って商品化した時、このバラは、ルイーゼと言う名の女性に捧げられたのでしょうか?

蕾の時に、多少杏色が見られますが、咲いてしまうと、赤みがかったピンクです。

私は基本、高芯やカップ咲きが好きです。

オールドローズのロゼット咲きは、咲き切った後の姿に、美しくないものもありますが・・・この<ルイーゼ>は、咲き切っても、綺麗です。

いかにも<定番のピンク>は、ちょっと厭きがきますが・・・<こっくりした大人のピンク>はOKです。

(セヤドー・・・バラの薀蓄語っていないで修行!)

    <緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院/Pañña-adhika Sayalay 般若精舎>

FDC資料「37道品ハンドブック」6-3 Ledī Sayādaw著(80/120)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

(以下の翻訳文は、福岡ダンマセンターの法話会に供する為の資料です)

「精進」の二種類の形態の中で、「自然精進」とは、修行による開発の敬虔を経ないで、機縁に従っていて、怠慢である事があり、かつ布施、持戒聖典の講読などの「自然的善業」の事を指す。

この種の「自然精進」は、怠慢を駆逐する事はできないばかりか、怠慢に屈服する事があり、怠慢に従順である。

これが、懈怠は如何にして自然精進を征服するのか、という説明である。

衆生が仏法に出会うと(+その時初めて)、過去の止まる事を知らない輪廻の中で、己はひたすら「身見」、「悪行」と「苦界」の眷属であった事が知れる。

パーリ聖典は明確に述べている。

「聖種法」は怠慢を駆逐することが出来、全身全霊で修習に取り組み、かつこの種の修習の内において、解脱を得るのだ、と。

怠慢を駆逐する行為は以下のように書かれている:

「諸学」(仏法の訓練)を具備し、かつ戒壇上で受戒して比丘になった者は、「諸学」によって実践する。すなわち:

「樹木の根本を出入りして、そこを住居するが故に、今生において、樹下住支の苦行を実践する」

(《律蔵》・大犍度・第4品)

「諸学」に従って、もし一人の修行者が、森林の中の樹木を住居とし、「乞食にのみ頼って生命を保ち、他人に依存せず、頭陀行という苦行を確固として遵守する・・・」その上で、注意深く、慎重に「身念住」を修習するならば、これらの精進という行為は、怠慢によって生起する悪業を駆逐することができる。

これらはすべて、精進の領域における行為であると言える。

(6-4につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<「37道品ハンドブック」Ledī Sayādaw著 中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>

 

FDC資料「37道品ハンドブック」6-2 Ledī Sayādaw著

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

(以下の翻訳文は、福岡ダンマセンターの法話会に供する為の資料です)

この四種類の修法は「信」を構成する。

現代において、「信」という、この偉大な国王は、隠匿的で、非常に旗色が悪い。今日、衆生は皆、物質的な生活を享受しており、世間的な仕事、尊厳と栄誉において享受を受けており、楽しい生活、世間の富と権勢における享楽を追い求めている。

故に「貪欲」という、この巨大な国王は、大海が島嶼を囲むように、明確である。

この事は、「自然信」というものは、この世界においては、脆弱なものである事を物語っている。

「定信」とはすなわち、呼気・吸気の「身念住」において、修習に成功し、かつ心霊の不安と動揺を解消したのちに生じるものである。

この種の「定信」は、比丘、凡夫をば、三種類の「貪欲」の海から救い出す事ができ、彼らをして、「聖種法」によって構成された「信」の王国に到達せしめることができる。

「37道品」のうちにおいては、まさに、この種の信が必要とされるのである。

(6-3につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<「37道品ハンドブック」Ledī Sayādaw著 中国語版→日本語訳出 

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>