wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

「メーチ・ケーウの物語」(翻訳文)4-47

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

この深遠なる覚醒が生起した時、彼女の心は、突然、徹底的な静止の状態の落ち込んだ。

彼女の心内の奥深い所で、一つの微弱な光が光を放ち、躍動し、益々光り輝いた。

その光は不断に拡大し、最後には、心全体をその中に覆いつくしたが、その為に心は光り輝き、清らかで明晰で、軽くて柔軟になった。

彼女は明け方出定し、その後、朝にするべき仕事に取り掛かったが、一挙手一動足に、微細な協調と融合の感覚が伴い、以前にみられた不自由な感覚とためらい勝ちな心は、消滅した。

彼女は喜びの心で、朝食を僧侶たちに供養したが、アチャン・コンマは、彼女の明らかな変化に気が付き、皆の前で声をかけた:

”メーチ・ケーウ、君は正しい道の上に立った。これからも頑張るように!”

禅の修行において、正しい道に戻った後、メーチ・ケーウは、アチャン・コンマのお寺に、何か月も滞在して、この殊勝な因縁によって親しくなった善知識から修行を学び、己の禅定と智慧を、強化した。

今、彼女はなぜ、アチャン・カンパンの禅定が、色身の執着から来る所の、粗野で、卑俗な本能の欲望から、自由になれなかったのかを知った。

彼女は理解した。

淫欲の汚染が、如何に強烈なものであるのかという事と、それをどのように、昇華させればよいのか、という事を。

彼女は、己自身の修行が、すでに安定して確立された事を確信し、卉晒村の道場に戻って、道友を支える時が来た、と思った。

メーチ・ケーウは、彼女の修行仲間に、正しい道に導いてくれる、頼れる導師がいない事を心配したが、今、己自身がこの責任を負う事ができる、と確信したのである。

(4-48につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>まで。ご協力、よろしくお願いいたします。

<原題「美琪喬ーー一位阿羅漢尼修道証果之道」Dhammavamsa Publication 

中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>