Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

パオ・セヤドー弘法記念「顕正法蔵」(翻訳文)~4-41

彼は随観(anupassati)・・・:彼は禅智によって、作意を保持し、入息と出息の身(=全体)または禅相について、それを見ることを安定的に持続させ、かつ、観智でもって(作意を保持し、安定的かつ持続的に)色身と名身を見ること。

これが、なぜ「身を身として観ずる随観の育成の念処」と言われるか;その含意は、以下の通りである:三種類の身(=息)を観ずるのは、本性が無常である身を常として観ずるわけではないーー水の無い所の蜃気楼を見る様にーーではなく、その本性を無常・苦・無我、不浄として観るか、またはそれをただ身(=息)であると見做し、それを「我」とか「私の」とか、または「女性」または「男性」などの、なにかの存在であると観ずるのではない。

当該の身髄観に相応する念は「建立(=打ち建てられた)」で、当該の念の育成と成長は、身髄観に属する念処の育成に属するものである。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(4-42につづく)

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー「顕正法蔵」2008年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>