Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

是誰庵のひとやすみ~法施は楽しい

私の楽しみは、仏教書を翻訳して、ブログで公開する事。

英語は苦手ですが、中国語は得意ですので、中国語の仏教書(大乗のでなくて、テーラワーダのもの)を日本語に翻訳するのが、私の楽しみ、私の日課。

今手元にある本、パオ・セヤドーの著作は、何冊も持っていますが、『証悟涅槃的唯一之道』が、一番最近に、書かれたもの。ミャンマーで見た同書は、大冊でしたが、これは薄いです。縮刷版?理由は・・・よく分かりません(内容は『智慧之光』とダブりますので、翻訳するかどうか、迷う所)。

レディー・サヤドーの『37菩提分手冊』。

レディー・サヤドーは緬甸の高僧で、タイのアチャン・マンのような方。クムダ・セヤドーも尊敬されているそうです。内容が難しそうですが、頑張って翻訳しますか、法友からのリクエストに応えて。

『アチャン・マン伝記』も面白そうですが、

『邁向見法涅槃』は、約10名のテーラワーダ僧侶の論文集で、高僧の色々な意見が知れて嬉しい。

南伝仏教在家居士戒律須知』日本のテーラワーダ好きな在家の方には、これ、必須かも。

『戒律綱要』は泰国僧王著・・・ちょっと恐れ多いですが、タイで「ナーワコワーダ」と呼ばれている、王様が書いた戒律本、比丘向け(王様、出家して戒律の研究をされ、当時の堕落したタイのサンガを立て直したそうです、すごいです)。

 他の、気の利いた事はできませんが、法施が出来る。

有難い事です。

        <緬甸パオ森林寺院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay>