Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

「テーラワーダ仏教在家居士帰依戒律ハンドブック」 4-9(90/230)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

(前五学処の解説)

これまで述べられてきた所の、以下の文言について:

「この時、前五(学処)をば、差別(=差異)と義理(=意味内容)から解説する、殺生から・・・略・・・離から、果から、(+などと言う事に)対して、知るべき事柄を選択して。」

ここにおいて、以下のように言うことができる:

「殺生(pāṇatipāta)」:

「生物(pāṇa息生)」--は、

命根を連結する所の蘊相続であり、または、当該の(蘊相続)を執する所の、施設された(=概念化された)有情である。

当該の生物には生物想があり、身門、語門の内の一門を運用して、殺の思(心)の生起によって、当該の(生物の)命根を断ずる(という行為)を採るのを、「殺生」と言う。

(4-10につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<「テーラワーダ仏教在家居士帰依戒律ハンドブック」 

中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>