Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

般若の独り言~晴耕雨読

先日来の激しい雨が止んで、梅雨の合間の晴れ間が出ました。

ソレッ!庭に出て、草むしり!

あれっ??

こんな所にニラが!?

ここに植えた覚えはないけれど(以前、別の場所に植えた事がありますが、それは全滅したはず・・・^^;)。

水仙の葉をニラと間違えて食べて、中毒した人がいると新聞で読んだ事があるので、ニラ(らしきもの)を摘んで、恐る恐る噛んでみたら・・・うん、確かにニラです~笑。

これからニラは、お隣さんから貰わないでもOK!!

ジャガイモも、収穫しました。

わざわざ植えたというより、庭に埋めた残飯の中に、ジャガイモの皮があって、そこから芽を出したみたいです。

カレーや肉じゃがに、使えそうです。

バラは、下界とは一か月遅れで、赤、白、ピンク、オレンジ等、色々咲いています。若い株を疲れさせたくないので、全部、パッパッと切って、仏様にお供えしました(我が家は山の斜面上にあり、かつ南側に山があるので日照が悪く、九州であっても、寒冷地相当なのです。私は<九州のロシア>と呼んでいます。)。

トマト、きゅうり、かぼちゃは、順調に育っています。

三つ葉ミョウガは自生しているので、好きなだけ採れます。

雑草は、一本一本手で取るのが好きなのですが(これは取る、これは取らない、とか判断しながら取るのが好き)、ただ、そうも言っていられない場所もあり(イラクサが群生している等)、今日は、電動草刈り機でガーとやります。

後、骨粗しょう症の薬を貰いに、病院に行きます。

病院の待ち時間に、プンニャ尊者の『禅修指南』(中国語版)読みます。

晴耕雨読です。

   <緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>