Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 2018年8月10日の翻訳をもって翻訳ワークは終了しました。                     コメント欄は利用OKですが、リトリートに入っている時は回答しません。。

般若の独り言~仏教指導者の性的虐待

WEBでの、夕方のニュースで

ダライ・ラマ、仏教指導者の性的虐待認める』

『90年から知っていた』

とあります(ダライ・ラマ、オランダ訪問で)。

いよいよ仏教界にも、飛び火しましたか。

「日本の僧侶はほぼ全員結婚するので、このような問題は発生しない」と言いたい所ですが、<結婚する出家僧侶>自体が、仏教倫理における存在矛盾ですから、これは横においておくとして・・・。

僧侶の性的虐待問題・・・東南アジアのテーラワーダの比丘とサヤレー、中国・台湾の大乗の比丘・比丘尼チベット仏教の出家僧侶、尼僧方は、皆結婚しないで、僧院内部に住居を貰って暮らすか、精舎で暮らす。

どういう時に、こういう問題が起きるのでしょうか?

テーラワーダの比丘の住まい(クッティ)は、女性は、戒律上、また遠慮する気持ちもあって、めったに近づかないものなのですが(一人住まいの比丘のクッティを訪ねる時は必ず、複数人で行きます)・・・それでも事件は起きるのですね。

 

随分前ですが、タイで、女性信者が、比丘の子を出産した話は、日本の雑誌にも載りましたし、有名です。当該の比丘は、サンガ永久追放になり、アメリカに移住したそうです。

台湾でも、比丘の子供を出産した比丘尼さんがいます。台湾のサンガと国の規定により、この子は、戸籍がもらえないそうです。

上記の事件が、性的虐待かどうか、判定は難しいと思いますが、厳重な戒律違反です。

今年は《隠された事実が露わになる年》と言われています。上記ニュースの続報を、待っている所です。

    <緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>