Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

ブッダダーサ著「生活の中の縁起」(翻訳文)ー31

なぜ縁起を理解する必要があるのか?~~

二つ目の問題は「なぜ縁起を理解する必要があるのか?」。

仏教の学習と修行をするためには、縁起を理解しなければならない。

現代の人々が、縁起を理解しないがために、縁起は邪見としてとらえ

られている。普通の人の邪見とは、ちょうどサッティ比丘と同じよう

であり、サッティ比丘の持っていた観念とは「輪廻の中で流転するの

は識であり、他の物ではない」である。

この比丘は、識を認める事を通して「人」「私」「衆生」

がいて、輪廻の中で、一生また一生と不断に流転しているのだと言う。

彼は<識がある以上「人」「私」「衆生」が、恒常なる輪廻の中で

流転している>と信じていたが、これは縁起の本質を知らない為に

生じた邪見である。(つづく)

(台湾香光尼僧集団翻訳グループ~タイ語→中国語

原題「生活中的縁起」中国語→日本語 Pañña-adhika sayalay)