wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

パオ・セヤドー弘法記念「顕正法蔵」(翻訳文)~4-45

へそをもって、始まりであると言うのは、その起点を言うのであって、それの始まる、時間を言うのではない。

というのも、実際、息を構成する微小粒子の生起は、へそから、鼻の先端までの息全体において、生じているからである;

それらがどこで生起しようとも、それらは、当該の場所で壊滅する。

というのも、諸法(究極法)において、転移または移動できるものは、ないからである。

息は、一組の微小な粒子に過ぎない。

微小な粒子の一粒ごとに、9種類の色法がある:地界、水界、火界、風界、色彩、香、味、食素(栄養素)と呼吸音である。

これらは究極法(paramattha dhamma)である。それらは、一か所から、もう一つの、別の一か所へと移転することはできない。

どこで生じても、それらは同一の場所において、壊滅する。

「移動」という、この一般名的な単語は、因と縁に基づいて、相続する場所に置いて、連続的に生起している、という意味である。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(4-46につづく)

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー「顕正法蔵」2008年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>