Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

是誰庵のひとやすみ~蛇の子、王の子、子供の沙弥

私は若い頃、タイの森林寺院で修行した事があります。

その時に聞いた一口話

<蛇の子、王の子、子供の沙弥には気を付けて>

そのココロは・・・。

蛇の子供は小さくて、頼りない感じがします。

捉まえて、尻尾を持ってふり回して、おもちゃにしてやろうかな、なんて思う腕白さんもいるでしょう。

でも、蛇は小さくても、それが毒蛇であった場合、噛まれれば致命傷になります。

子供の蛇に、ご用心ご用心。

王の子とは、王子様の事ですね。

王子様と遊んでいて、あなたが王子様に意地悪をしたら、王子様は王様に訴えますね?

そうするとやっかいな事になります。

王子様とは喧嘩しない方がよろしい。

小さい時に出家した子供の沙弥(20歳以前は、比丘になれませんので)。

でも、実は悟っていたりして・・・この子にぞんざいな口をきいてはまずいです。

小さくても仏縁のある人は大切にしましょう、という意味ですね。

ただし、沙弥や比丘等の出家者が戒律違反をしていたら、在家がそれを指摘する事は可能です。

聞き入れてもらえなければサンガに訴える事もできます(是非の裁量をするのはサンガで、在家にはできませんが)。

出家と在家はお互い支え合う仲間、同志です。

出家は修行に勤しんで、修行で得た悟り体験をダンマとして在家にお話して、在家を正しい道へ導く。

在家は家庭を守り仕事をしながら、法話を聞いて、自分のできる範囲の修行をする。

サンガを支えるのは在家。

指導する者、される者の区別はありますが、人間としては平等です。

出家者と会話する時、必要以上に卑下したり、謙譲する事もないですが、乱暴なもの言いは止めておいた方が無難、そんな所でしょうか?