Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 2018年8月10日の翻訳をもって翻訳ワークは終了しました。                     コメント欄は利用OKですが、リトリートに入っている時は回答しません。。

「身念処」3-9

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

7、過患随観智

第六観智(怖畏ママ)を証悟した時、この智が誘発される。

この智は、まさに、身・心をば、危険、驚異の源であると、見做す。

第一階智からこの智まで、一つひとつの階智は、皆、次の階智の生起を誘発するものである。そして、一つひとつの階智の感受は、徐々に強化・増強されていく。

修行者は、身・心は過患(=禍)であると認識し、もし、身・心がなかったら、最も佳いのにと思う(+ようになる。)

この智は、身・心の五種類の禍を体験・体得する:

1)三界(欲界、色界、無色界)の身・心は、カマドに放り込まれたようなものである。

2)如何なる形式の有(生命)も、11種の火で責められているように思う;生、老、病、死、憂、悲、苦悩等の火である(1‐4‐4‐2節第一聖諦の11種類の苦参照の事)。

修行者は、身・心は禍でり、害のあるものと感じる;すなわち、苦の根源である。

3)無明が身・心の因であると体験・体得する。また、無明の故に、生老病死がある(+と感じ)、故に、無明は禍であると(+体験・体得する。)

4)心・身は、一刻ごとに衰退、変化し、また崩壊している事を体験・体得した。故にこれを禍だと思う。

5)再び生死輪廻する事は禍であり、害があると体験・体得するーー如何なる形式の有(生命)の身・心は、皆、苦の根源であるが故に、次にまた苦果を誘発するだけである(+と思う)。

五種類の禍を体験・体得すると同時に、五種類の功徳も生起する:

1)二度と生まれない事は楽しい。身・心のない処は最も安穏である。

2)二度と何等の「有」に出生しないならば、それは最も楽しい。これは涅槃への道である。

3)心・身を造る因を断じ除くならば、二度と苦の束縛を受ける事はない。

4)心・身が、如何なる「有」の中でも、(+もはや)衰退・変化することがないならば、それは、寂静、安穏の処である。

5)輪廻の中で出生しないのであるならば、それは有益である。そして、それは、楽しさの源泉である。

この智の中において、修行者は、身・心または五蘊は実相(非男、非女)であると体験・体得するが、しかし、この種の実相は、一種の禍である。

この智もまた、非常に強力に智慧であって、貪愛によって顛倒妄想が心の中に生じるのを防ぐことができる。

この智は貪愛の敵であり、貪愛をして、作用しにくくさせる。というのも、五蘊は禍、危険であり、楽趣であると言えない、と言う風に見做されるが故に、貪愛は感受の中で、暫しも止まることができない。

この智の中で、修行者は、正念を善いものとは見做さなくなり、これを三法印(無常・苦・無我)を具足する法であると見做すようになるーーしかし、正念は、その作用を今なお発揮する。

そして、智慧に対してさえも、このように見做すーー好きとか嫌いとかはない、と。

これは、愛または見(邪見)が無くなったために、修行者が、正念と智慧に貪愛を生じなくなった為である。

まさに涅槃を成就しようとする心は、貪愛に対して、敵対的な感覚を生じるほどの修行をしなければならない。その後、ことができない。はようやく、輪廻を脱し離れ、涅槃の道に到達するのである。

言い換えれば、もし、修行者が身・心を常、楽、我、浄であると妄執するのであれば、心は、輪廻から脱し離れ、涅槃に到達して、苦を滅することはできない。

心は、苦を体験・体得しなければならず、苦を体験・体得する(+ことによって生じた)智慧は、修行者をして涅槃を成就せしめる。

涅槃は禅定で証悟する事は出来ない。というのも、禅定は楽顛倒想(五蘊は楽しいという妄執)を生じせしめるためで、それは、身・心は禍であるという真相を体験・体得する事ができない為である。

(3-10につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<原題「身念処」Vipassana Bhavana 第二版 アチャン・ネン著

中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>