Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

『阿羅漢向・阿羅漢果』3-8

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

私が最近流した涙は、仏世尊と同じことを伝えている。

あなた方は、引き続きこれから先も、己自身の錯誤に気が付かないのであれば、一体どうなると思うか?

あなた方の心智は、酒鬼より劣っているというのだろうか?

堕落したくないのであれば、あなた方は、この問題について、己自身に自問しなければならない。

私は、己自身の最大の能力を発揮して、この社会に協力したいと思っている。

私の心の中には、勇敢とか、恐れとかの、感覚はない;

いわゆる得失もなく、勝ち負けもなく、私があなた方を手助けする動機は、純粋に慈悲の心から来ている。

私が現在、あなた方に教えている所の、無上の甚深なる法を証悟する為に、私は一切を犠牲にしたが、その犠牲は、決して悪果を得るためではなかった。

求法の過程において、私はほぼ生命を犠牲にしかけたし、世間に対して、私が証得した所の法を宣揚することができるようになる以前、私は死のすぐ側にいたのである。

なぜ、それ(=法)を受け取ろうとする人がいないのか?

今日のタイという国は、一体どうなってしまったのか?

この事を私は知りたいと思う。

一人の人間の、自我の思いが、強ければ強いほど、人は、ますます傲慢になるーー最後には、彼らは、己自身が仏より偉いーー至高で無上の導師より、なお己の方が、聡明なのだと思ってしまう。

この国の子・民は、これほど愚かになってしまった。

誰も法に関心を寄せない!

天は知っている。

これから先、多くの人々は、寺院に行かなくなるであろう事を。

彼らの、私の最近の弘法に対する反応を、みてみたまえ。

各種の風刺的な態度と、嘲笑があるが、これはまさに、煩悩が全面的に威力を発揮した状況なのである。

あの日、私が涙を流すのを見て、彼らは私を冷たく嘲笑した。

しかし、私はこのことによって動揺する事はない。

この国全体が、私を批判したとしても、私は誰とも喧嘩をしない。

私は純粋に慈悲の心から、人々を教導しているが、なぜ、彼らはそれを受け入れられないのであろうか?

タイの人々はそれほど愚かなのであろうか?

(3-9につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<『阿羅漢向・阿羅漢果』 中国語版→日本語訳出 

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>