Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

四界分別観修習への警告!!!

本日、本雅難陀尊者(Ven. U Puññānanda)の著書

『禅修指南』を翻訳していました所、第二章のトップ(No3-1)に、四界分別観に関する説明がありました。

これより先、当該書籍において、四界分別観の修行方法の説明が続くかと思われますが、読者の皆様は、四界分別観に関して、正師、指導者につかずに、本を読んで自己流に修行するのは、禁物です。

四界分別観の修習は、最初、身体の  13種類の特徴を見ていく、それができた後に、地、水、火、風界を見ていくのですが、指導者と毎日面談して、進捗の程度、内容を報告し、指導者から次の修習内容、目標の指示を、受けなければなりません。

四界分別観の修習に関して、正師につき、かつ毎日、正師からのアドバイスを聞いても、間違って理解して、禅病になる人がいます。

自己流で修習して、成功するのは難しいと思います。

事故、禅病は、自己責任でお願い致します。

  <緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>