Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 コメント欄はどなたも利用OKですが、リトリートに入っている時は回答致しません。

パオ・セヤドー弘法記念「顕正法蔵」10-1(288/430)

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

Ⅶ 皮帯(=皮ベルト、皮の首輪、以下同様)束縛經(二)

(Gaddulabaddha Sutta 2)

私はこの様に聞きました。

ある時、世尊が舎衛城に留まっていた時の事。

世尊は比丘たちに以下の様に話した:

「比丘たちよ。

生死輪廻の源は察知することができない。

生死輪廻の中において、幾度となく流転する衆生は、無明に覆われ、愛欲に束縛された起点は、知る事ができない。

比丘たちよ。

ちょうど皮帯(=皮の首輪)で束縛された犬が、硬い切り株または柱につながれて、彼が歩く時は、その切り株かまたは柱に沿って歩くしかない;

立つ時も、彼はその切り株かまたは柱に沿って立つ;

坐る時も、彼はその切り株かまたは柱に沿って座る;

横になる時も、彼はその切り株または柱に沿って横になる(+様に)。

同様に、比丘たちよ。

いまだ法を聞いたことのない凡夫は、色を斯くの如くに思い成す:

『これは私のものである;

これは私である;

これは私の自我である(=これは私の本来の自己である)。』

歩く時、彼はこの五取蘊に沿って歩き、

立つ時、彼はこの五取蘊に沿って立ち、

坐る時、彼はこの五取蘊に沿って座り、

横になる時、彼はこの五取蘊に沿って横になる。

故に、比丘たちよ。

常に、己自身の心を以下の様に反省せしめなければならない:

『長い間、この心は、常に、貪、瞋、痴によって汚染されて来た。』と。

比丘たちよ。

衆生は心の煩悩によって、汚染される;

衆生は心の清浄を通して、浄化される。」

当該の經の中において、仏陀はまたこの様に、犬(+の状況)を通して、法を聞いたことのない凡夫を比喩している:

「比丘たちよ。

ちょうど皮帯(=皮の首輪)で束縛された犬が、硬い切り株または端につながれている(+様に)。」

その犬は、皮帯(=皮の首輪)でもって、硬い切り株または柱につながれていて、逃げることができない。

同様に、もし、法を聞いたことがない凡夫に、強力な身見(sakkāyadiṭṭhi、薩迦耶見:個体、身体があると思う邪見)と愛欲のある時、彼は生死輪廻から逃げることができない。

なぜであるか?

というのも、彼は身見の皮帯によって束縛され、愛欲の縄によって、五取蘊の硬い柱に結わえつけられているが故に。

法を聞いたことのない凡夫が、五蘊を「これは私の私である(=これは本来の自己である)」と見做す時、これは我に執着しているのだと言える;

彼が五蘊を「これは私のものである」と見做す時、これは愛欲の執である;

彼が五蘊を「これは私である」と見做す時、これは傲慢の執である。

無明は、通常、この三種類の執着と同時に生起する。

無明と身見が彼の慧眼を覆い隠し、彼をして如実に諸法を照見できない様にする。

身見は、彼の首に巻きついた皮の首輪の様であり;

愛欲は縄の様であり、

彼を五取蘊の柱に縛り付ける。

身見、愛欲と驕慢という、これらの煩悩の影響の下、彼は善業と悪業を造(ナ)す。

これら、煩悩を根源とする、業力の潜在的な力は、臨終の後に、次の一世の生命を生じせしめる事ができる。

新しい生命が生じた後、老、病、死と愁、悲、憂、悩が、再び生じてくる故に、彼は死輪廻から解脱することができない。

故に、仏陀は言う:

「比丘たちよ。

常に、己自身の心をして以下の様に反省しなければならない;

『長い間、この心は、常に、貪、瞋、痴の汚染を受けて来た』と。

比丘たちよ。

衆生の心は、煩悩によって汚染される;

衆生の心は、清浄を通して浄化される。」

(10-2につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等ほぼ原文ママ。★誤字脱字を発見された方は<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。http://bodaijubunko.sakura.ne.jp/index.html

<中国語→日本語 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>