Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

般若の独り言~ゼラニウム

f:id:wong0110:20160529060528j:plain

ゼラニウムの花が咲きました。

ちょうど一か月前、昔、緬甸のパオ森林僧院で共に修行した台湾のサヤレーとカピヤ(女性)が、我が精舎においでになったので、三人で飯田高原に出かけ、お豆腐料理を頂き、筌の口温泉を楽しんだその帰路に、<高原の花屋さん>で見つけた苗です。

<高原の花屋さん>は、早い冬の到来に備えて、花の苗は半額か、たたき売りをしていて、このゼラニウムは、確か50円だったと思います。

買い求めた時はまだ硬い蕾が幾つかついていただけですが、一か月後の今、すっくと伸びた茎の先に、大きな花が咲きました。

仏教書の翻訳で忙しくしていた時は、鉢植えの花をよくだめにしていましたが、今は手も空いて、晴れれば鉢をベランダに出し、霜が降りる夜は部屋の中に入れてあげて・・・少しずつですが、上手にお世話して、綺麗に咲かすことができる様になりまた。

<緬甸パオ森林寺院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>