Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

是誰庵のひとやすみ~7>業の主人

以前、台湾のお寺(テラワーダ系)で頂いたお経に<願他們是業的主人>とありました。

どういう意味かと、僧侶に質問しましたら、「業の持ち主は自分だという自覚の事」との事。

その時は「業って、自分に属しているんだよって、そんな当たり前の事を<私は願う>って、ちょっと大げさ」と思ったのですが・・・。

最近、こう思うようになりました。

業の持ち主は自分、業の主人は自分・・・という事は、業の管理もまた自分!!

そうなんだ。

仏教は宿命論じゃない。

今は何かの事情でつらくても、そしてその原因は全部自分にあるとしても(これが業ね)、イヤ、だからこそ、自分が状況を回していけるんじゃないか?!

(前世からの)悪い業が自分にくっついて離れないと嘆くのでなくて、自分が業の主人なんだから、何とかせねば、何とかなる・・・という事なんだ!

 

人が苦しんでいるのを見る時、

私はそっと心の中で思います。

その苦しみを引き込んだのはあなた自身。

だったら解決するのもあなた自身。

解決する方法を知っているのもあなた自身。

願你是業的主人(yuan ni shi ye de zhuren)

あなたが業の主人として気高く

振る舞えますように。