wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

是誰庵のひとやすみ~仏教徒の落とし穴

今、「あなたの世界の終わり」という本を読んでいる。禅的な手法で悟ったマスター(アメリカ人)が、その系譜の人たちへ注意事項を語っているもので、なかなか興味深いことが書いてある。

私(たち)は、一応仏教徒です。

仏陀は涅槃、無為法が一番だと勧めてくれたので、それを目指すのが仏教徒

 有為法である梵我一如より、涅槃の方が難しく、かつ最上の真理だと思い、遥か先にある涅槃を目指す人、それが仏教徒

しかし、そのような私は、きっと優秀な人間なのだな、と思いなしてしまう所に落とし穴が、ぱっくり口を開けてはいないだろうか?

ここに仏教徒のエゴ、仏教徒の落とし穴が生じる。

梵我一如を鼻で笑う仏教徒

でも、あなたは梵我一如を体験した事がありますか?

その無意味性を体験した者だけが、梵我一如を嘲うことができる。

仏法を学ぶとは、己のエゴが落ちきる事。

エゴが落ちたら、他人を嘲う己は、もういない。

私たちは、すべてのことから学ぶ事ができる。

今よりも、もっともっと、頭と心を低くして。

追加:

タイで聞いた話。

仏陀はまたこうも言っている「涅槃を目指すのが嫌な人は、天界と人間界を行き来するのがよい」と>。

仏陀は、涅槃だけを目標にせよ、とは言っていない。天界と梵はどう違うのか、今の私にはよく分からないけれど、何を目指そうが、有情は本質において、皆、平等だという事を忘れてはいけない。