読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

「南伝仏教キホンのキ」(翻訳文)3-7

第三節 生命の本質

仏教では、世間における万物の生起と存在は、皆、各種各様の条件に依存している、と言い、

これらは、”因・縁”と呼ばれる。

多くの縁によって組成された事物と現象は、”縁生法” ”行法” または ”世間法” と呼ばれるが、人間の命もまた例外ではない。

生起と存在がありさえすれば、その最終的な結果は、必ずや壊滅に向かう。

生があれば、必ず滅するのは、世間の万物の必然的な規律である。

とえ、永恒であると思われている太陽、月、山川大地であっても、最終的には壊滅する日がやってくる。

物は、ずっと新しいままではいられず、花は常に満開ではありえず、人は長く生きながら得ることはできず、命は、常には、存在しえない。

世間には、どのような永恒なる、不変のものも、見つけることはできない。

生命は、誕生から死までが一つの過程であり、この過程もまた無常である。この過程(+自体)が無常であるだけでなく、毎日、毎時間、毎分、毎秒、ないしは一刹那毎、みな変遷して変化し、生滅しているために、無常なのである。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(3-8につづく)

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<無憂比丘著「南伝仏教キホンのキ」中国語→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>