wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

☆「掌中の葉」(翻訳文)2-10

【如実とは】

「1%は1%、2%は2%」。

ここで言う「如実」とは、<今・ここ>の境界がどうあろうとも、そのありのままに、それを体験することを言う。

すなわち、1%なら、1%分の体験をすればよい、のである。

定の修習をしていて、(+瞑想の)縁に取った目標が、1%分、はっきり見えたならば、その1%で満足する。1%分、明らかになったなら、そのままのそれを体験し、何等の操作を加えない。

(+観察している)目標が、1%から突然100%にはっきり明瞭に観えたならば、その様子をそのまま体験し、興奮もしないし、傲慢にもなららない。

100%観えていたものが、突然1%しか見えなくなっても、そのまま1%だけ体験すればよいのであって、がっかりもしないし、恋々ともしない。

「1%は1%、2%は2%」の秘訣を掌握したならば、<今・ここ>を生きていることになる。

境界が如何様に変化し、発展しようとも、心は常に、如実に<今・ここ>を体験しており、分心することがない。

これが最も良質な、正念と正知である。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(2-11につづく)

Idaṃ me puññaṃ nibbānassa paccayo hotu。 

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<「掌中の葉」(シッダッタ学院)中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>