wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

☆「掌中の葉」(翻訳文)3-33

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

6、解脱の欠けた意楽者:

私は「真我」の涅槃に回帰したい。

原因:仏法の修行を始めた時、あなたは涅槃を、恒常なる快楽(=楽しい)の楽園だと思っていた。あなたの修行が、高度なレベルに到達した時、あなたは涅槃とは一種の恒常で、大いなる快楽の伴う心霊的境界であると思った。

あなたにとって、涅槃とは、一切の因縁法を超越した、心までも超越した境界であるという事を、理解することが、非常に難しい。

これが、解脱に欠けた意楽である。

解脱意楽者:一切の有情の、生まれ変わりの禍を見て、一切の有為法を超越する、阿羅漢果を証悟したいと思う。

原因:修行を通して、あなたはようやく、一切の名色法と因縁法は、無常・苦・無我である事に覚醒する(+ことが出来た)。

無為法である涅槃のみが、恒常・楽・無我である。

一切の生存界における禍をみて、一切の生存界の中から解脱する為に、あなたは、解脱の意楽を胸に抱いて、涅槃へと趣き向う。

これが解脱意楽である。

◆結論:

六種類の行相の涅槃意楽;

1、貪行意楽/無貪意楽。

2、瞋恚意楽/無瞋意楽。

3、痴行意楽/無痴意楽。

4、出離に欠ける意楽/出離意楽。

5、独居に欠ける意楽/独居意楽。

6、解脱に欠ける意楽/解脱意楽。

(3-34につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は<菩提樹文庫>

まで。ご協力、よろしくお願いいたします。

<「掌中の葉」(シッダッタ学院)中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>