wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

パオ・セヤドー弘法記念「顕正法蔵」(翻訳文)5-92

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

楽(sukha):

楽の特徴は、満足である;

作用は、相応する法を増長・強化する事;

現象は、協力である。

ここにおいては、それは、安般似相の楽受を体験する事を言う。

喜と楽が相応する時、喜は、己が必要としている対象を獲得して、満足を感じ、楽は、獲得した対象を、真正に感受する。

喜があれば必ず、楽がある。

しかし、楽は必ずしも、喜が伴うとは限らない。

喜は行蘊に属し、楽は受蘊に属する。

ちょうど疲れた砂漠の旅人が、森の側に湖を見つけた時、またはそれを聞いた時、彼は喜を感じる;

旅人が、涼しい森の中において、水を飲む時、彼は快楽(=楽しさ、嬉しさ)を感じる。

このように説明するのは、それらが、この種の状況において、(=それぞれの違いが)非常に明確であるからである。

(5-93につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>まで。ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー「顕正法蔵」2008年中国語版→日本語訳出 

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>