wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

「メーチ・ケーウの物語」(翻訳文)4-35

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

仔細観察你身語意三業、

(子細に己の身口意の三業を観察し)

言行挙止要沈穏内斂、

(言行と振る舞いは落ち着いて、内に収斂すべし)

不要説太多話、

(沈黙は金)

也不要給自己添麻煩。

(己を大切に、シンプルに生きる。)

注意自己的語言、

(話す時は細心に)

笑的時候要矜持。

(笑う時にはよく慎んで。)

ノーックラパ洞

長年修行してきて、メーチ・ケーウの禅の成果は、独特の風格と、明確な方向性を得た。

毎回の修行において、新しい心霊の領域に入る事もまた、彼女の禅修行の動力を、強めることとなった。

彼女は非常に多くの時間をかけて、他の衆生の憂い、悲しみ、苦しみと懊悩について研究したが、しかし、生死の中で、流転して止まない、彼女自身の感情の執着について、顧みて観察する事を怠った。

というのも、禅相は、心の内部の意根の接触により、内部に専注し、観照する事によって知ることができるもので、故に、彼女は禅相の観察を、心と深層心理の働きを探索する事だ、と見做した。

彼女は、禅定の時に出現する現象を観察する事によって、心と深層心理の働きの真相を、理解することが出来る、と考えた。

問題は、禅相の中の世界は、人間の世界と同じように真実であり、また、同じ程度に明確ではあるが、しかし、それは結局は、外部世界に属するものに過ぎない、という事にあった。

これらの現象に実体がなく、触ることができなくても、しかし、本質的には、心が知る所の対象であり、心以外を観照する所の法に、属しているのである。

メーチ・ケーウは、全身全霊で、これらの禅相を探索し、研究したが、それが却って、禅の修行において、彼女がただ外部にある心霊の領域にのみ専注し、己の心の中の、精彩なる内部世界に専注するのを、忘れさせてしまう事になった。

メーチ・ケーウは、修行の内において、このキーポイントである所の問題点を抉り出すことはせず、アチャン・カンパンもまた、十分な智慧が足りなかった為に、メーチ・ケーウの欠点を、指摘する事ができなかった。

もっとも、彼の修行もまた、定と神通の範疇から抜け出せておらず、その知見においても、メーチ・ケーウの禅修行の境界に対する、迷妄と執着を突破することは、不可能であった。

彼の心の内には、甚深なる定力の支えがあったが、般若の内観、すなわち、智慧の内観に欠けていて、故に、禅の修行における境界の無常・苦・無我の本質を洞察する事ができなかった。

メーチ・ケーウはアチャン・カンパンの指導力を信頼していた為、己に、真なる高明な指導者が必要である事に、気が付かなかった。

(4-36につづく)

   <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>まで。ご協力、よろしくお願いいたします。

<原題「美琪喬ーー一位阿羅漢尼修道証果之道」 Dhammavamsa Publication 

中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>