Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

是誰庵のひとやすみ~台湾のパオ

来月の下旬に台湾に行く予定です。

ミャンマーの西方、バングラデッシュの近くにお寺を開いている P尊者(パオ・メソッド指導者)が、台湾嘉義の法雨道場でリトリートを催しますので、それに参加してきます。

台湾には、四種類のパオ関連のお寺があります。

法雨道場はパオ専門道場という訳ではありませんが、法雨道場の住職だった明法比丘が、アメリカでテラワーダに出会い、台湾にテラワーダを持ち帰りました。ここが台湾テラワーダ発祥の地です。

次に、正真正銘のパオ台湾分院。

このお寺は台湾の臍に当たる山の中にあり、静楽禅林と言います。住職は、パオ・セヤドーに指名されて、マンダレー分院から来たSayādawで、パオ本山で修行した後、台湾に戻った台湾人比丘(開山に一番努力された方)は、副住職を務めています。

ここにはパオ・セヤドーが来台された時に寝泊りできるように、セヤドー専用のクティも、用意されています。

第三番目は、スリランカにパオの分院があって、その分院の台湾分院(ちょっとややこしい)。寂静禅林と言い、台南にあります。

パオのスリランカ分院は、なぜか台湾の比丘尼さんたちに大人気です。女性向けの居住地と、指導してくれる尊者方の住まいが離れいてるので、インタビューの時は、女性たちは、相当長時間、山道を歩くそうです。私は、話を聞くだけで「そりゃ、無理」(笑)。

四番目は、寂静禅林と提携する形で、高雄元享寺の台北分院の中に、パオ・スリランカ分院の支部が出来た事です。ますますややこしいですが、台湾でパオが大変に歓迎されている様子が、うかがえます。元享寺の比丘尼方は、仏典編纂で名を馳せている、台湾の知的比丘尼集団です。

その為、パオ・スリランカ分院の尊者方の法話を上手にまとめて、WEB上に(中国語で)発表しています(大変よい勉強になります)。

そんな訳で(準備等で忙しい事もあり)、台湾から帰国する3月10日頃までは、ブログの更新がゆっくりになります。あしからず。

        <緬甸パオ森林寺院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay>