Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。

「身念処」6-1

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

<アチャン・ネン問答篇>(p141~202/抜粋)

アチャン・ネン(以下ネン):

あなたは妄想しますか?

学生:

よく妄想します。ある時は妄想が大変に多く、有る時は少ないです。

ネン:

あなたは、なぜ妄想するのか、知っていますか?

学生:

知らないです。

ネン:

あなたが妄想する時、あなたはその前からすでに<今・ここ>を離れてしまっているのです。

あなたは、その前から、覚照力を無くしてしまっています。

その為、<今・ここ>において、あなたは身・心への覚照力を失い、それが失われた時、あなたは妄想をし始めるのです。

学生:

私が妄想を始めてしまった時、どうすれば、<今・ここ>に戻れますか?

ネン:あなたは、妄想するのは「心」であって、「私」ではない事を知らねばなりません。

妄想も法です。

あなたは妄想が嫌いでしょ?

違いますか?

学生:はい。

ネン:

あなたの知見(=考え)は間違っています。

というのも、もし、あなたが、自分にとって妄想がよいものである(ママ。前後意味不明)と知っていたら、あなたが妄想していると知った時、あなたはその時には、すでに<今・ここ>から離れていることを知って、又すぐに、<今・ここ>に戻って来て、身または心を、観照することができます。

あなたは、心をして、座る色身を長時間観照できるようになりたい、と思っているのではありませんか?

学生:はい。そうです。

ネン:妄想は、身体ですか、心ですか?

学生:妄想は心です。

ネン:あなたが妄想は心であると知る時、それを知っているという事は良いことです。

その後に、引き続き妄想心を観照する必要はありません。

というのも、心は非常に微細で、初心者にとっては、(+心を)観照する事は非常に難しいのです。

あなたは、あなたが妄想しているのを知った時、(+心をそれに向けて)それを分析してはなりません。

急いで<今・ここ>に戻って、座る色身の観照をして下さいーーもし、妄想が激しすぎる時は、姿勢を変えて下さい。

あなたは、妄想を消したいと思いますか?

学生:

はい。というのも、妄想は、察知するのが難しいからです。

それは四種類の姿勢のようには、簡単に察知する事ができません。

ネン:

その通りですね。

心は微細であり、初心者がそれを観照する事は難しいのです。というのも、初心者の正念と正知は非常に弱いからです。

故に初心者は、よく妄想します。

もし、正念・正知が<今・ここ>において保持されるならば、あなたは、妄想する事はありません。

あなたは身・心への覚照力を高めなければなりませんが、それは、<今・ここ>において、です。

あなたは、正念・正知の特徴を、よく知るようにしなさい。そうすれば、あなたが<今・ここ>から離れた時、離れた事をはっきりと知ることができ、そうであれば、即刻、<今・ここ>に戻る事ができます。

もし、あなたがよく妄想する為に、懊悩するのであれば、あなたは更に妄想するようになるでしょう。

あなたが妄想を消そうとしても、妄想は消えないのです;というのも、あなたは妄想が嫌いで、そして、この種の嫌悪的な心理が混じった妄想は、もう一つ別の、妄想の助縁になるからです。

妄想も心である事を知らないと、妄想に対して嫌悪を生じますが、この種の嫌悪の心理は、我々をして、<今・ここ>に戻れないようにするのです。

(6-2につづく)

   <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<原題「身念処」Vipassana Bhavana 第二版 アチャン・ネン著

中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>