Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

般若の独り言~五木寛之氏の「苦」

本日、IT の WEB 記事を読んでいましたら、五木寛之氏の文章に出会いました。

彼は、何時の頃からでしたか、龍谷大学で仏教の勉強をしていて、仏教に詳しい作家です。

その彼が、ゴータマ仏陀の説いた「苦」(dukkha)について説明しています。

仏陀の説いた重要な概念「苦」について、「苦」とは「不円満」「思い通りにならない事」と言うのです。

これは正しいです。

しかし、彼は返す刀で、仏陀が説いた<dukkha>を、中国人が「苦」(苦しい)という言葉を持ってきて表現したのは、すこし違う・・・とのご意見。

しかし、中国語の分かる私から言わせると、<dukkha>を、「苦」と訳した古代の中国人も、なかなかなものだな、と思います。

というのは、中国語の「苦」は、勿論、<苦しい>という意味もありますが、どちらかというと「苦い」という意味なのです。

「因縁生起、刹那生滅する我々の人生は、不円満が故に、苦い涙の味がする」

完璧ではないでしょうか?

 <緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>