Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 コメント欄はどなたも利用OKですが、リトリートに入っている時は回答致しません。

般若の独り言~一千万年の孤独

今毎日、パオ Sayadawの著作『顕正法蔵』を翻訳しています。今日は【因縁生・滅と刹那生・滅】の部分でした。

私、子供の頃から

<刹那生・滅>

って何だろうか?と思っていました。

<因縁生・滅>ではあまり強く感じませんが、

<刹那生・滅>と聞くと、これが世界の本質だろうと直感し、心が、魂が、震える思いがするのです、今も昔も。

ーー<因縁生・滅>と<刹那生・滅>はコインの裏と表の関係であり、どちらも重要であり、どちらも外す事はできないのですがーー。

不思議な事に、私は10代の時に、原始経典『雪山童子』で、《諸行無常諸法無我一切皆苦涅槃寂静》を、一生の課題とするべき、深い意味を伴った教えとして受け取ったのですが、それより前、子供の時から<刹那生・滅>に、異常な関心を持っていて、我ながら、不思議な子供だったですね。

今、毎日の日課・・・水中運動で出会う知人、友人に<刹那生・滅>の話をしても、皆様、ぽかんとするだけで、全然耳に入らない様です。

<刹那生・滅>が好きな女の子・・・いや~、オタクなんですね、私(笑)。

生まれて来たのは訳がある・・・因縁生、刹那生。

それ(生死輪廻)を解消する方法がある・・・因縁の滅、刹那滅を観じて、昇華し超える事・・・般涅槃する事。

まぁ、この話、兄弟姉妹を含め、身近の人、誰にも分かって貰えませんけれど(テーラワーダ仏教国の出家者なら分かるでしょうが)、一千万年の孤独・・・、生き切りましょうか・・・これより先、(『顕正法蔵』の翻訳を済ませて後)目を閉じるその日まで、修行専一の生活ができます様に。

    <緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>