Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

般若の独り言~武道と仏道

今、内田樹さんの著書を読んでいます。

以前も読んだことがありますが、再確認の意味で・・・。

彼はフランス思想・哲学研究の専門家で、武道家でもあります。

武道は合気道師範、大学(神戸女学院大学)を引退した後は、武道家に転身されました。

そして、彼は、仏道にも興味がある様です。

武道と仏道は相性がよい・・・中国の嵩山少林寺の武闘僧を見ても分かりますね。

武道にも仏道にも共通して必要なもの、それはサティ(正念)です。

常に、今ここにおいて、自分はどの様な状態であるか、ということを明白に知っておかねば、武道では敵にやられてしまいますし、仏道では己にやられてしまいます。

そしてサティは、潜在意識にも繋がっていますから、武道なら、身体が無意識に動かせるまで訓練しておかねば敵を倒せない、仏道なら、有分心に気がつかなければ、本来の自己に出会う事ができない(無我であるから、本来の自己はない、という正論、言葉のアヤは、ひとまず横において)。

内田先生は、神戸で寺子屋を開いているそうで、彼の

武道+仏道+フランス哲学の三位一体論を、一度、じかに聞いてみたいものだと思っています。

<緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>