wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

是誰庵仏教談義>ダライラマの法話

インターネットのニュースによると、7月6日はダライラマ

79歳の誕生日で、彼は滞在中のインド・ラダック(最後の秘境、

私が一番行きたい所)のレ―で、記念の法話を行った模様。

ニュースでは、法話の内容を一部しか紹介していなかったが、

こういうもの。

「現在、スリランカミャンマーでは、仏教徒イスラム教徒を

襲撃している」「これらの暴力行為は即刻やめること」「愛と

慈悲の人であった仏陀がご在世ならば、彼はイスラム教徒を

守るでしょう」と。

仏教とはなんでしょうか?それは、「自己とは何か?(その<自己>

が見ている世界とは何か?という命題も含まれますが、重要なのは、

すべての起点になる所の、<自己とは何か?>という命題の方です)」

という深淵なテーマを解く<鍵>になる思想、教えです。

故に心理学的でもあり、科学的でもあり、文学的でもありますが、

その教えの内容への肯定には、情緒的に流れるのではなくて、

修行よる体験の裏打ちを必要としています。

たとえば「人間には全部で20本の指がある」「しかし、たま

には指が一、二本多く生まれる人がいて、20本というのは絶対の

数字ではない」という人類共通の、普遍的認識がありますが、仏教

もまた、「自己とは何か?」という命題に関して、人類共通の認識を

得ようと努力する宗教です。そこには主観や、迷信の入る余地は

ありません(悟るまでは、トンチンカンな事をいう可能性はあり

ますが)。

そのように、<自己とは何かを探求する、智慧と普遍を基体とす

る宗教>である仏教が、自己の優位性を強調して他者を嘲笑したり、

他宗教、他宗派を暴力を持って襲撃するなどもっての他であり、

それはもはや仏教ではありえない、と言えるでしょう(<宗論は、

どちらが勝っても釈迦の恥>という言葉を思い出してください)。

私がタイで仏教を学んでいた時、アーチャン(指導僧)からこういう事

を聞きました。「本当に<仏教徒>と名乗れるのは、預流果(ヨルカ)

から以上の位を悟った人である。<仏教徒>とはすなわち、仏教のダル

マを悟った人間(聖者)だけに許される尊称であり、まだ預流果にも

なっていない人は仏教徒ではなく、<信者>という」と。

<信者>は、未だ悟っていないが故に迷信に陥りやすく、傲慢になり

やすく、他者への攻撃性を持ちやすい(私も、時々、それなら仏教を

学ばない方がよかっのではないか、という、迷信的で傲慢なタイプの

人物を見かける事がある)。

仏教を学ぶ者はつねに自戒して、人類(すべての有情を含む)の普遍性・

共通性に目覚めるよう努力し、仏陀の唱えた慈悲と非暴力を実践し

ければならない。

いつの日にか、真の仏教徒になるためにも。