wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

パオ・セヤドー講述「菩提資糧」(翻訳文)-123

六、忍辱波羅蜜

忍辱波羅蜜ついて言えば、それは、大悲心及び方法善巧智

(=方便)を基礎として、他人の、己になした誤りに対する、

忍耐力を言う。

《論蔵》によると、忍耐をする時は、無瞋を主として生起する

心と心所であり、その特徴は、忍耐する心と忍受(=我慢)

である。

作用は、好きだ・嫌いだという(+感情的な)事柄を克服する事。

現起(=現象、結果)は、忍受又は対抗しない事。

以下のように、忍辱波羅蜜を省察する事:

「忍辱は、美徳と対抗する所の瞋恚、怨恨の心を取り除く事ができ、

また、善なる者が、種々の美徳を育成する、万能の工具である。

それは、衆生を指導する菩薩の荘厳であり、沙門と婆羅門の力であり、

怒りの火を消す流水であり、悪人の無礼の毒を中和する神呪であり、

已に、五根の摂受に成功した、非凡なる者の、自然な本性と態度である。

忍辱の資質は海のように深く、また、怒り狂う海を包み込む、

海岸のようだ。

それは、天界と梵天に直接つながっている雲梯のようであり、

すべての美徳が一か所に集まる、聖殿のようだ。

それは、身口意の至高なる清浄である。」

(+ )(+ )訳者。(つづく)

(<パオ・セヤドー講述「菩提資糧」>(1999年版)

中国語版→日本語 翻訳文責Pañña-adhika sayalay)