wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

「南伝仏教キホンのキ」(翻訳文)3-6

名色法は、我々が住んでいるこの世界の、すべての物質的現象と心理現象を含んでいるが、ある時には、特別に、心身の現象を指す事が有る。

五蘊は、また名色法とも言い、物質的な身体と、各種の心理現象を含むものである。

こうして、いわゆる生命が構成される。

名色があり、生命があれば、衆生は必ずこの一塊の名色を ”我(私)” とか ”私の” とかいって、執着するが、これを仏教では、”我見” ”我執”と言う。

この一塊の名色は、自他による執着の対象となるので、”五取蘊”ともいう。

一たび執着された五蘊がある時、聖者たちは、これは苦である、と言う。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(3-7につづく)

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<無憂比丘著「南伝仏教キホンのキ」中国語→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>