wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

パオ・セヤドー弘法記念「顕正法蔵」(翻訳文)~4-26

7-1 適切な場所

仏陀は「比丘は森林、木の下または静かな場所に行き・・・」という経文の中で、禅の修行者が正念を育成するための、適切な場所について述べている。

一般的に、いまだ修行を始める前、禅の修行者の心は、すでに非常に長い間、音や物質などを欲楽を目標とする生活に住していて、禅の修行の道に入るのを嫌う。というのも、彼の心は、欲楽のない環境の中で生活する習慣がないからであり、それはまるで、野生の子牛に車を引っ張らせるのと同じように、子牛が、すぐに道路の外に走り出てしまう(+のと同じである)。

修行を始める前、彼の心は、各種の欲楽を目標として、それに接触するか、またはそれを楽しんでいる・・・たとえば、面白い映画、耳に心地よい音楽、美味しい食べ物、または楽しい社会生活など。

しかし、(+修行しようとする)今では、映画もなく、音楽もなく、彼の目も耳も、楽しむ対象がない。

ゆえに、魚が誰かにつかまって、水中から取り出されて、乾燥した地面に放り出されたかのように、彼の心は、苦痛のために飛び跳ねて、水中に戻りたいと思う。

呼吸というものは、欲楽を渇望する彼の心にとっては、乾燥した地面の如く、実際、退屈で味気のないものなのである。

そして、坐禅の時には、彼は息に専注しないし、大部分の時間を、過去において享受していた欲楽について回顧するのに、用いるのである。

しかしながら、そうなれば、それはただ時間を浪費しているだけであり、心の成長になんらの利益も齎さない。たとえ彼がこのようにして、一生修行したとしても、彼の禅の修行は、毛筋一本ほどの進歩もないのである。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(4-27につづく)

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー「顕正法蔵」2008年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>