wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

パオ・セヤドー講述「顕正法眼」(翻訳文)~5‐43

ヴァッカリ長老は、元々は、舎衛城にいた婆羅門で、三つのヴェーダに精通していた。

初めて仏陀を見たとき、彼は、長時間、飽きもせず仏陀を見続け、仏陀が行くところへは、どこへでも付いて行った。

更に仏陀に近づこうとして、彼は、出家して比丘になった。

食事の時と、沐浴の時以外のすべての時間において、彼は仏陀を想い続けた。

ある日、仏陀は彼に言った:

「もう十分だ、ヴァッカリ。

君はなぜ、この不浄なる身体を見たいのか?

慧眼で法(聖道、聖果と涅槃)を見る人は、私を見る;

私を見る者は、法を見る。

ヴァッカリ。

人は、法を見る事によって私を見、私を見ることによって、法を見るのだ。」

たとえこのようであっても、ヴァッカリ長老は、仏陀から離れようとはしなかった。

雨安居の最後の日、仏陀は彼に(+自分から)離れるように命じた。

彼は非常に傷心して、霊鷲山に行って、禅の修行をしたが、仏陀に対する過剰な信心によって、彼は、聖道智を証悟することができなかった。

仏陀は、彼に、五根をバランスする、特別な方法を教えた。

長老は、仏陀の教えた方法によって精進し、順序良く観禅の修行をしたため、阿羅漢果を証得したのである。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(5-44につづく)

Idaṃ me puññaṃ nibbānassa paccayo hotu。 

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー「顕正法蔵」2008年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>