wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

☆「掌中の葉」(翻訳文)2-1

第二章 定の進展

行道と通達

ここにおいて、初めて(+目標に)専注する事から、何らかのジャーナが生じる近行定の生起まで、その中間における定の修習の過程を「行道」と言う。近行定から安止定まで、その中間における智慧は「通達」と言う。《清浄道論・第三章・第15段》

 

ここにおいて、我々は、主に、定の修習における二つの段階を知ることができる:

予備定から近行定は、一つの段階であり、近行定から安止定もまた、もう一つの段階である。

予備定から近行定までの、この中間における定の修習の過程を、我々は「行道」と呼び;

近行定を証得した後から、安止定を証得するまでの、その中間における智慧を、我々は「通達」と呼ぶ。

本書(初級編)においては、我々は「行道」の育成に重点をおいており;(+将来出版される)中級編においては、「通達」の育成について、重点的に説明する。

まず「行道」の育成から(+説明を)始める。

定の修習は、通常、三つの段階に分けることができる。

一、前行。

二、正行。

三、結行。

 

一、前行

前行(定の修習に取り組む前の準備)--リラックスと手放す事

もし、修行者がいまだ、障礙などの克服を完成しないままに、修行に努力するならば、彼の行道は困難なものになる(苦行道)。《清浄道論・第三章・第16段》

定の修習を行う前、定の修習がスムースに、安定して進むように、必ずや、準備をする必要がある。所謂「凡事予則立、不予則廃」で、修行に取り掛かる前に、準備をしておけば、定の修習の半分は成功したことになる。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(2-2につづく)

Idaṃ me puññaṃ nibbānassa paccayo hotu。 

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<「掌中の葉」(シッダッタ学院)中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>