Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

「メーチ・ケーウの物語」(翻訳文)2-1

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

 “私が子供の頃、寺院に行く時は、必ず父母が同伴しなければならなかったし、比丘と混じって座ったりする事は、決してなかった。

比丘たちが仏法について討論している時、私はその後ろの、なんとか聞き取れる場所にいて、座って聞いた。

禅の修行を教えてくださる教師は、我々に対して、仏への礼拝の仕方、仏陀の功徳への讃嘆、読経の仕方を、教えてくれた。

彼は、我々に、慈心をすべての衆生に、回向するよう勧めた。

また、日常において、人として、率直で正直であれ、気概を持て、と励ましてくれた。

また彼は、在家者として、我々が、どれほど惜しみなく布施をしても、その功徳は、出家してメーチになり、誠心に修行して、一切の苦を滅する事には及ばない、とも話した。

私はこれらの話を、しっかりと心に刻み付けた。” 

               --メーチ・ケーウ

(2-2につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は

<菩提樹文庫>まで。ご協力、よろしくお願いいたします。

<原題「美琪喬ーー一位阿羅漢尼修道証果之道」Dhammavamsa Publication 

中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>