Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。

「メーチ・ケーウの物語」(翻訳文)3-4

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

達白の父母は、敬虔でかつ開明的な仏教徒で、普泰人の中において盛大に執り行われていた、鬼神を拝む祭事は、これを敬して遠ざけた。

彼らの家は、村の寺院のすぐ後ろにあり、その間に竹の垣根があった。

毎年乾季になると、寺院にある大きなマンゴーの木の実が熟す度に、マンゴーが、彼らの家の庭に落ちた。

このような環境の下で成長した達白は、小さい時から、寺院において、朝な夕なに響く、静かで落ち着いた読経の声、出家者の修行や作業や休憩の風景を、当たり前のようにみていた。

彼女は小さい頃から、すでに出家者の、軽やかでソフトなメロディーのついたお経を読む声は、己の内心に共鳴するまで、専心して聞くべきであることを知っていた。

仏教のお祭りのある日、彼女は最高に興奮した。

というのも、村人全員が、彼女の家の裏の寺院の空き地に集まって、祝い事を催すのだから。

(3-5につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>まで。ご協力、よろしくお願いいたします。

<原題「美琪喬ーー一位阿羅漢尼修道証果之道」Dhammavamsa Publication 

中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>