wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

「メーチ・ケーウの物語」(翻訳文)5-34

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

一瞬間的内観清晰地洞見無明、

(一瞬の内観は、明晰に無明を洞察する)

令我們対這一純大苦聚集的執着厭倦、

(それは、我々をして、この一つの、大いなる苦が

聚する所の執着を厭い、倦むようにせしめる)

不再緊抓。

(かく肯えば、我々は、二度と再び、強く握りしめるのを止める。)

在這清涼的片刻、

(心の清涼なこの一時)

内心的火熄滅了、

(心内の火は滅し去る故)

自然従苦中解脱。

(自ずと、苦から解脱される)

満開の花

1952年10月、トウトチノキの花が満開になった。

ある日の午後、メーチ・ケーウは、木の下に座っていたが、心は燦然と輝いていた。

彼女は、そろそろアチャン・マハブーワに会いに行くべき時が来た、と思った。

この、己の道心を励まし、壮大で、光り輝く心内の深い場所での悟りを導いてくれた導師に、己の最高の果証を報告して、彼の、己への信頼に、報いなければならない、と考えた。

それは、斎戒日の夕方であったが、彼女は、何人かの尼僧と共に、アチャン・マハブーワに会う為に、村の端にある稲田を通り、村のもう一つの端に出て、山の洞まで登って行った。

アチャン・マハブーワが洞の入口に座っていたので、メーチ・ケーウは前に進んで三拝し、お互いに挨拶を交わした。

次に、メーチ・ケーウは、合掌しながら頭を下げて、話をさせて欲しいと願い出た。

彼女は、これまでの一年間、己が精進した所の過程の次第と体験を、細かく述べて、最後に ”師子吼” でもって、修行の最終的な果証の帰結とした:

心の光芒が四方へ放射する所の空(クウ)が、宇宙全体に浸透し、一切の有為を超越した、と。

話し終わると、アチャン・マハブーワは、彼女を見ながら、淡々と訊ねた:

”それで終わり?”

メーチ・ケーウは頷いた。

アチャン・マハブーワは、一瞬間を置くと、以下のように語った:

(5-35につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>まで。ご協力、よろしくお願いいたします。

<原題「美琪喬ーー一位阿羅漢尼修道証果之道」 Dhammavamsa Publication

中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>