Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

「身念処」6-2

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

ネン:

あなたの修行の進み具合は、如何ですか?

修行に関して、何か疑問がありますか?

学生:

私は修行する時、四種類の姿勢の中から、比較的修行しやすいものを選んでいます。

たとえば、歩く姿勢、です。

このように修行しても、大丈夫でしょうか?

ネン:

それは良いです。

しかし、あなたは注意をして下さい。

もし、あなたが、歩く姿勢が、比較的好ましいと思うならば、これは貪念です。

故に、あなたは如理作意を保持して、姿勢を変えるのは、苦を治する為である事を観照して下さいーーこのようにすれば、貪念は出てきません。

学生:

私が修行するのは、身体の苦の為ではありません。

それは心の為ーー私は(+心の)イライラによって、姿勢を変えるのです。

ネン:

それは間違いです。

あなたは、煩悩によって姿勢を変えています。

あなたは、苦が原因で、それゆえ、あなたは姿勢を変えざるを得ないのだ、という事を観照するのだという事を、如理作意を用いて、実践していないのです。

あなたは、あなたの心が、なぜイライラするのかを知っていますか?

あなたは心をして、座る姿を観照する事に、安住させていないからです。

安住しなければ、あなたの心は不安になります。

あなたの心が不安である時、煩悩はやってきます。

あなたは軽率になり、不注意になりますーーその時、煩悩は踵を接してやってきます。故にあなたは、姿勢を変えて、様子(=修行の具合)を見てみたいと思うのです。

もし、あなたが貪念でもって、姿勢を変えるならば、煩悩はその中に隠れてしまい、道は見えなくなります。

あなたは貪念でもって修行しており、それはあなたが、成就を急いでいるのが原因です。

あなたは、姿勢を変える時、煩悩が混じっていないかどうかに、注意を払って下さい。

(6-3につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<原題「身念処」Vipassana Bhavana 第二版 アチャン・ネン著

中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>