Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

FDC資料「37道品ハンドブック」4-4 Ledī Sayādaw著

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

(以下の翻訳文は、福岡ダンマセンターの法話会に供する為の資料です)

「神足」(iddhipāda)という、この文字の意味は:

「円満に証得する為の基礎を、神足と言う」である。

「神足」は合計、四種類あるが、

それは:

欲神足、勤神足、心神足、観神足である。

「欲」(chanda)は、証得したい、達成したい、円満(+に成就したい)、完成させたい、という欲望の事である。

ここで言う所の欲望とは、一種極端な、過度の欲望を言い、なにかが、または誰かが阻止できるようなものではない所の、そういう種類の欲望である。

この種の欲望は、以下の様な考えを引き起す。

すなわち「もし、私が、今生において、この種の円満なる状態を証得しないのであれば、私は安心したり、満足したりしない。

もし、証入することが出来ないのであれば、死んだ方がましである。」と。

迦葉仏の時代(ゴータマ仏の前の仏)、バラナシの法泉王(Dhammasonda)(Rasavāhimī、Jambūdipuppaṭṭi-kathā)は、まさにその種の欲望を持っていた。

法泉王は己自身に向かって言う:

「もし、私に機縁がなくて、迦葉仏の教えを聞くことができないのであれば、バラナシの国王となったとて、何の意味があるだろうか?」

こうして、彼は国王の地位を捨てて、迦葉仏の教えを復唱できる修行者を探しだして(+満足した)。たとえ彼が、ただの短い偈を一句言えるだけの、修行者であっても。

(4-5につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<「37道品ハンドブック」Ledī Sayādaw著 中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>