Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

『阿羅漢向・阿羅漢果』1-6

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

私は自分の経験から、話しを始めようと思う。

私が禅の修行を始めた時、私の修行は、基礎を欠いていた。

その時はいまだ、己の心を守る正確な方法を見つけられていなかった為、私の修行は、フワフワとして、定まる事がなかった。

それは、一定期間安定して進展するものの、その後に徐々に減速して、まだ修行を始めていなかった最初のレベルにまで、後退してしまう。

私が修行を始めた最初の頃、非常に奮闘努力した。その為、心はサマーディに静かに専注できるようになったが故に、まるで己自身が、不動の大山にでもなったような、感じがした。

その当時、この境地を保持する為の、適切な方法を掌握していなかったのに、私は短慮にして、己の成功に慢心してしまったのである。

こうして、私の修行は、後退の憂き目に会ってしまった。

修行は落ち込むばかりなのに、私はどのようにして、この状況を打開していいのか、分からなかった。

その為に、私は非常に長い期間、苦難に満ちた探求を行いつつ、強固な基礎を打ち立てて、己の心を安定させたいと思った。

最後に、私は結論を得た:

念住が私から去って行くのは、基礎が間違っているからであるーー私には、念住を保持する為の、精確な専注点としての、念誦詞が欠けていたのである。

(1-7につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<『阿羅漢向・阿羅漢果』 中国語版→日本語訳出 

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>