Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

般若の独り言~指導者の見つけ方

題は<指導者の見つけ方>ですが、修行の心得のようなものを書いてみます。

まず、自分は緬甸のパオ・メソッドが気に入ったとか、

タイのアチャン・チャー系が気に入ったとか、好きな修行方法を見つけます。

その中で、何人かの指導者に会って、話を聞きます。

そして、その中から気に入った指導者を一人選びます。

ここからは、あれやこれや、多くの指導者につかず、一人に絞って下さい。

この人について、理論と実践を、ある程度極めます。

その後に、初めて、複数の指導者につきます。

指導者にも得手不得手があって、なんでもかんでも、一人で完璧に教えられるとは、限らないからです。

最初の指導者で欠けていた部分を、複数の指導者から学びます(同じダンマの説明でも、紙の表面をみて説明する人と、裏面を見て説明する人とでは、説明の仕方が180度異なる場合があります。二つの異なる宗派かと思うくらい違います。自分が悟ると、あれは一枚の紙の裏表だったのだな、と分かります。)

自分が初心者、よちよち歩きの時に、指導者をとっかえひっかえしてしまうと、頭がぐらぐらして、心が落ち着きません。先に一人について、後に複数につくのが良いです。

どんなときにも盲従しないように。

指導者の助言に、聞く耳を持たない、頑固なのはよくないですが、己のリアリティーを大切に。修行も中道・中庸が大事です。

   <緬甸パオ森林寺院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>